氷室冴子

2010年10月10日 (日)

クララ白書 Ⅰ

1587「クララ白書 Ⅰ」氷室冴子   集英社   ★★★

中学三年から寄宿舎に入ることになったしーの。途中入舎生は、与えられた課題をクリアしなければ、仲間に認められない。編入生のマッキ―と菊花と一緒に、寄宿舎の調理室に忍びこみ、ドーナツ45人分を作るという前代未聞の課題に挑むしーのだったが・・・。

「シンデレラ迷宮」を読み返してからというもの、無性に「コバルト文庫の氷室冴子」がなつかしくなって、図書館で借りてしまいました。

いや~、なつかしい。これを何度も読み返したっけなあ・・・と。妙にテンション高い登場人物と、漫画チックな展開。それなのに、読んでいると楽しくてしょうがないのです。氷室さんのわりと初期の作品なので、書き方が若いなあと感じるところも多々あるのですが、それもまた「クララ」の味になってるところがすごいです。

あらためて読んでみると、私もけっこう影響受けてるなあというところがいっぱいあって、ちょっと気恥ずかしかったり。

もちろん、携帯電話なんてなかった時代の話なので、友達同士でメモをまわして情報交換したり、男の子が身分を偽って寄宿舎に電話してきたり・・・そういう点にも懐かしさを感じてしまいます(笑)

あとがきによると、出版しなおすにあたって、時代にそぐわないもの等を中心に手を入れたそうです。読みながら、「あれ、ここの表現が違う気がする・・・」と思ったのは気のせいではなかったのね!と、自己満足に浸る私(どれだけ読みこんでたんだ)。たまには、こういう肩の力を抜いて読める本もいいですね。

2010年7月12日 (月)

シンデレラ ミステリー

1524「シンデレラ ミステリー」氷室冴子   集英社コバルト文庫   ★★★★

高校生になり、万里という親友もできて、楽しい生活を送っていたはずの利根。しかし、またしても、シンデレラの国にトリップしてしまう。そこでは、ジェインが行方不明になっていた。そして、ジェインがパリで知り合ったという人たちがやってきて・・・。

「シンデレラ迷宮」の続編は、利根の分身とも言うべきジェイン(「ジェイン・エア」の主人公)が謎の失踪をし、利根がその謎を解くお話。

「迷宮」のラストで、新しい人生に飛び込むことを約束した利根とジェインが、それぞれうまくやっていたはずなのに、どうやら何かでつまづいてしまったらしい。利根は全く自覚がないし、ジェインは何も言わずに姿を消してしまった。さて、いったい・・・という展開になるのですが。

他愛のないラブストーリーと言えばそれまでですが、恋と友情・・・というのは、永遠のテーマですね。そして、ジェインも利根も、人を激しく愛するのは、その生い立ちが大きく影響しているという点が、せつないです。

しかし・・・この物語では、ジェインはロチェスターと幸せになれず、ソーンフィールドの未亡人という設定なのです。私が「ジェイン・エア」はアンハッピーエンドな物語だと思い込んでいたのは、この話のせいだったのでしょうか。「ジェイン・エア」読み返して、あまりの大団円にぶっ飛んでしまったのですが・・・氷室さんはわかっててこういう設定にしたのかなあ。

2010年7月10日 (土)

シンデレラ迷宮

1523「シンデレラ迷宮」氷室冴子   集英社コバルト文庫   ★★★★

気がついたら、見知らぬ場所で眠りこけていた利根。そこで出会った4人の女性。奥方、姫君、踊り子、そして王妃。彼女たちは、利根に招待されてきたのだという。わけがわからぬまま、記憶喪失ということにして、彼女たちの世話になることにした利根だったけれど・・・。

「ジェイン・エア」を読んで以来、もうこれを読みたくて読みたくて。実家のどこかにうずもれているのはわかっていましたが、発掘する気になれず、古本で購入してしまいました。高くついたけど(苦笑)

私がこれを読んだのは(というか、氷室冴子にはまっていたのは)、高校生の頃です。その中でも繰り返し読んだ一冊。「誰かに愛されたい。自分だけを愛していると言ってほしい」というのは、人間の根源的な欲求の一つだと思うのです。それが、恋愛であっても、もっと広い意味の愛情であっても。主人公の利根は、父親に愛されているという実感がもてず、自分の世界に閉じこもっていた女の子。彼女が初めて恋をして、失恋して・・・というありがちな話がベースなのですが、ありがちなゆえに共感できてしまうのですね。しかも、利根が自分の存在感を認められないのは、根っこに父親との関係があるというのが、非常に説得力があります。だからこそ、人一倍愛情を求めてしまうのですね。まさに、ジェイン・エアのように。

利根が夢の世界で出会うのは、有名な物語の登場人物たち。白雪姫の継母。オーロラ姫。白鳥の湖のオディール。そして、ジェイン・エア。みんなそれぞれ報われない「愛」にとらわれ、時間のとまった世界で嘆き続ける、利根の分身。そうなってしまったのは、失恋した利根が、すべての恋物語を呪ってしまったから・・・。

一番せつないのは、オディールです。妹のオデットの恋人の前で踊るオディールに、恋人たちは心をうつしてしまう。そして、狂気に陥るオデット。妹を愛しているのか、憎んでいるのか、煩悶しながら踊り続けるオディールの姿は、痛ましいほど。

そして、クライマックスではジェインが登場するのですが・・・あきらかに、作者はジェインに一番思い入れがあるのに、ページ数足りなかったですね。書き足りなかったんでしょう、氷室さん!と言いたくなっちゃいました(笑) だから、次の「シンデレラ・ミステリー」が必要だったのでしょうね。

さて、利根は自分の分身たちを見て、最後には現実に戻る決意をします。他愛ないと言えば他愛ない話です。でも、四半世紀以上前に書かれたものと思えないくらい、今でも通用する物語だと感じました。

最初は話し言葉に近い地の文にちょっとクラクラしましたが、少し読み進めたら、大丈夫でした(笑) 「シンデレラ・ミステリー」も買ったので、次はそっちにいきます。

その他のカテゴリー

「あ」行の作家 | 「か」行の作家 | 「さ」行の作家 | 「た」行の作家 | 「な」行の作家 | 「は」行の作家 | 「ま」行の作家 | 「や」行の作家 | 「ら」行の作家 | 「わ」行の作家 | あさのあつこ | いしいしんじ | こうの史代 | さだまさし | その他 | たつみや章 | よしもとばなな | アンソロジー | 万城目学 | 三上亜希子 | 三上延 | 三島由紀夫 | 三木笙子 | 三浦しをん | 三浦哲郎 | 三谷幸喜 | 上橋菜穂子 | 中山七里 | 中島京子 | 中田永一 | 中野京子 | 乃南アサ | 乙一 | 井上ひさし | 京極夏彦 | 伊坂幸太郎 | 伊藤計劃 | 伊集院静 | 佐藤多佳子 | 佐藤賢一 | 俵万智 | 倉知淳 | 光原百合 | 冲方丁 | 初野晴 | 加納朋子 | 加門七海 | 北大路公子 | 北山猛邦 | 北村薫 | 北森鴻 | 原田マハ | 司馬遼太郎 | 吉村昭 | 吉田修一 | 向田邦子 | 坂木司 | 夏川草介 | 夏目漱石 | 大倉崇裕 | 大崎梢 | 太宰治 | 奥泉光 | 宇江佐真理 | 宮下奈都 | 宮尾登美子 | 宮部みゆき | 小川洋子 | 小路幸也 | 小野不由美 | 山崎豊子 | 山本周五郎 | 山白朝子 | 岡本綺堂 | 島本理生 | 川上弘美 | 平岩弓枝 | 彩瀬まる | 恩田陸 | 愛川晶 | 戸板康二 | 日明恩 | 日記・コラム・つぶやき | 有川浩 | 朝井まかて | 朝井リョウ | 木内昇 | 朱川湊人 | 杉浦日向子 | 村山由佳 | 東川篤哉 | 東野圭吾 | 松本清張 | 柏葉幸子 | 柳広司 | 柴田よしき | 栗田有起 | 桜庭一樹 | 梨木香歩 | 梯久美子 | 森博嗣 | 森絵都 | 森見登美彦 | 森谷明子 | 横山秀夫 | 橋本治 | 氷室冴子 | 永井路子 | 永田和宏 | 江國香織 | 池波正太郎 | 津原泰水 | 浅田次郎 | 海堂尊 | 海外の作家 | 湊かなえ | 漫画 | 瀬尾まいこ | 田中啓文 | 田丸公美子 | 畠中恵 | 石田衣良 | 福井晴敏 | 笹尾陽子 | 米原万里 | 米澤穂信 | 芥川龍之介 | 若竹七海 | 茅田砂胡 | 茨木のり子 | 荻原規子 | 菅野彰 | 菅野雪虫 | 藤沢周平 | 藤谷治 | 西條奈加 | 西澤保彦 | 角田光代 | 誉田哲也 | 辺見庸 | 辻村深月 | 近藤史恵 | 酒井順子 | 重松清 | 金城一紀 | 須賀しのぶ | 高城高 | 高橋克彦 | 髙田郁 | 鷺沢萠

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー