誉田哲也

2020年7月16日 (木)

硝子の太陽R

3066「硝子の太陽R」  誉田哲也      光文社      ★★★

姫川班に戻ってきた菊田を引き連れ、祖師谷の一家惨殺事件の捜査本部に入った玲子。三ヶ月が経過し、捜査は膠着状態。しかし、ひょんなことから二十八年前の事件とのつながりが見え、捜査は一気に進展するが…。


ジウ・サーガとのコラボと言われても、「ジウ」は読んでないしなあ…と思って敬遠してました。が、意外と大丈夫でした。

玲子のもとに菊田が戻ってきて、二人は楽しそうなんですが、ヒヤヒヤします…。だって、菊田は妻帯者(苦笑)  さらに、かつての姫川班の一人、葉山(ノリ)が今はガンテツの部下にとして、玲子と再会。菊田にしろ、ノリにしろ、それぞれに成長してて頼もしい。で、玲子の直属の上司・林が、実に上手く玲子を支えてくれて。

事件そのものは胸糞悪いし、捜査か難航する閉塞感も半端なく。ガンテツも何か企んでるみたいだし。と思っていたら急展開。一気に解決か!と思ったら…。

このシリーズ、玲子が幸せになったら終わってしまうのですが、それにしてもこれは…。


2020年7月11日 (土)

インデックス

3063「インデックス」  誉田哲也      光文社文庫      ★★★★

捜査一課を追われ、池袋署強行犯係に配属された姫川玲子。捜査一課への返り咲き、姫川班の再生を目指す玲子は、彼女流の捜査を展開するが…。


買ったのも忘れるくらい積ん読してました(苦笑)  姫川玲子シリーズの短編集。

「アンダーカヴァー」「女の敵」「彼女のいたカフェ」「インデックス」「お裾分け」「落としの玲子」「夢の中」「闇の色」の8編。玲子の池袋時代から、「ブルーマーダー」の後日談である「インデックス」を経て、とうとう捜査一課に返り咲きます。

このシリーズ、事件そのものは陰惨で救いがたいものが多いのですが、リーダビリティは抜群で、読んでると夢中になってしまいます。今回は短編集でしたが、むしろちょうどいい塩梅で、玲子のいろんな面が見られました。

玲子にまとわりつく井岡や、玲子が信頼する今泉など、シリーズお馴染みの登場人物が活躍しますが、「闇の色」のラストではついに彼が帰ってきた! っていうか、大丈夫か?いろんな意味で。

このあと、「ジウ」シリーズとのコラボになるんですよねー。「ジウ」は未読なので、どうしようかなー。



2015年11月 8日 (日)

ブルーマーダー

2372「ブルーマーダー」 誉田哲也         光文社文庫         ★★★★

池袋の雑居ビルで、暴力団組長が全身骨折した遺体となって発見された。池袋署の姫川玲子は捜査にあたるが、さらなる事件が。玲子は、池袋を恐怖に陥れている怪物「ブルーマーダー」の存在に行き当たる。

シリーズ第6作。

前作「インビジブルレイン」の事件で捜査一課を追われた姫川玲子が、池袋署で活躍します。

前作はちょっと後味が悪い終わり方だったので、どうなることかと思っていたら、なんと、玲子の元部下・菊田が結婚!?    ショックでした(苦笑)  いや、前作で玲子が牧田とああいうことになったので、菊田とはもう無理だろうとは思ってましたけど。

でも、事件を通して、玲子と菊田の関係にも決着がついたようで、まあよかったかな、と。事件そのものより、二人がどうなることかと、そればかり気になってしまいました(苦笑)

 

2015年8月 3日 (月)

武士道ジェネレーション

2335「武士道ジェネレーション」 誉田哲也   文藝春秋   ★★★★

早苗が結婚!? 高校卒業後、それぞれの人生を歩んできた早苗と香織だったが・・・。人生の伴侶を見つけた早苗に対して、香織には桐谷道場閉鎖という大事件が。それなら自分が桐谷道場を継ごうと香織は考えるが・・・。

武士道シリーズに続きがあるなんて思いませんでした~。新聞広告でその存在を知り、書店で実物を見たら我慢できなくて、買ってしまいました。だってねえ、結婚でしょ、道場閉鎖でしょ、気になるじゃないですか。

香織と早苗の高校卒業後から、現在に至るまでの物語。学生時代は剣道に明け暮れた香織と、高校時代の膝のけがが原因で、すっかり剣道からは足を洗った早苗。ところが、桐谷玄明先生が体調を崩したのをきっかけに、香織は道場で稽古をつけることになり、早苗も玄明先生のお世話をすることに・・・。こうして大人になった(はず)の二人はまた親しく顔を合わせることになるのです。

シリーズおなじみのメンバーもちょこちょこ顔を出していて、シリーズファンには楽しいところ。香織と早苗のやりとりは相変わらずで、笑ってしまいました。

でも、道場の存続をかけて厳しい道を選んだ香織が、最終的にそういう境地に達したというのは、なんか感無量でした。「シックスティーン」の頃のわけわかんなさ(笑)に比べたら・・・。

シリーズ読んできた方には、ぜひここまで読んでいただきたい!というおすすめの一冊です。

2013年11月28日 (木)

感染遊戯

2068「感染遊戯」 誉田哲也   光文社文庫   ★★★★

ガンテツこと勝俣が関わった殺人事件。それは、元刑事・倉田と、姫川玲子の元部下・葉山則之がそれぞれ関わった事件とつながっていく・・・。元官僚を狙った殺人事件が続く中、彼らがたどりついた真実とは。

どうしてシリーズでこのタイトルだけ漢字なんだろうと思っていました。スピンアウトのような位置づけなんですね。玲子も登場しますが、脇役。メインは、ガンテツと倉田と、ノリでした。

最初は、スピンアウトの短編集かと思ったのですが、最終話ですべてがつながって・・・。たしか、ドラマでも見た気がするのですが、小説もじゅうぶん楽しめました。

事件そのものは洒落にならないというか・・・あるんでしょうね、似たようなこと。これから、さらにこういうことが起こる可能性は高くなるのかも。と言っても、いまさらネットをなくすことなんかできないですもんね。

「インビジブルレイン」の「その後」になるのですが、玲子がしぶとく復活していて(笑) さらにたくましくなったようで、何よりです。

2012年8月 1日 (水)

インビジブルレイン

1900「インビジブルレイン」 誉田哲也   光文社文庫   ★★★★

チンピラ惨殺事件にかりだされた姫川班。暴力団どうしの抗争かと思われたが、思わぬタレこみが入る。「犯人は、柳井健斗」・・・しかし、警視庁上層部から、柳井に関する捜査はご法度という通達が。9年前の事件に関わる警察の失策を隠ぺいしようとする動きを察知した玲子だったが・・・。

映画原作。姫川班の面々はもちろんのこと、上司の今泉や、玲子の天敵・ガンテツや日下、さらには玲子のストーカーっぽい井岡も登場して、オールスターキャストっぽい布陣。たしかに、これを映画化したら見栄えがするでしょう・・・と。

しかし、ストーリーは玲子の恋愛がらみで意外な展開に。ええ~、そうなっちゃうの~?という感じでした(笑) なるほど、玲子の危なさってこういうところもあったのですね。そりゃ、菊田じゃ物足りないよね、と。彼は玲子を「守るべき存在」としか見てないものなあ。もっとも、ドラマ版菊田のファンである私としては、今回の展開は非常に微妙な気分でした。

そして、最後の衝撃の展開。そんなぁ・・・。巻末の竹内結子と誉田哲也の対談を読んでわかったのですが、確かに玲子が幸せになっちゃったら、この話は終わりなんですよね。ということは、このシリーズはまだまだ続いていくってことでしょうか。そして、玲子はなかなか幸せになれない、という(苦笑)

今回、事件そのものはそれほど込み入った感じは受けませんでした。途中から完全に玲子の恋愛モードがメインになってしまって、せっかくのオールスターキャストも生かしきれなかった感が。そこがちょっと残念。とはいえ、このシリーズのもつ緊張感・スピード感には、いつもはまってしまいます。

私の脳内では、完全にドラマ版キャストがセリフを言ってます(笑) 竹内結子はそれほど好きじゃないのに、姫川玲子はもう彼女以外考えられない・・・。

2012年3月31日 (土)

シンメトリー

1850「シンメトリー」 誉田哲也   光文社文庫   ★★★★

列車事故の原因は、飲酒運転の車だった。運転手は、わずか5年の刑にしかならなかった。その事故で右腕を失った元駅員は、復讐を企てるが・・・。

姫川玲子シリーズ第3弾は、短編集です。「東京」「過ぎた正義」「右では殴らない」「シンメトリー」「左だけ見た場合」「悪しき実」「手紙」の7編。

連続ドラマ「ストロベリーナイト」では、これらの短編をもとにした事件が展開し、最後の3回が「ソウルケイジ」でした。なるほど。短編をもとに、かなりうまくドラマをつなげていたんだなあと、今さらながら感心しています。

長編「ストロベリーナイト」「ソウルケイジ」では、基本的に玲子の視点で話が進みますが、この短編集では犯人側からのものもあり・・・そうなると、玲子の存在はなかなか恐ろしいものがあります(笑) いきなり現れた美人の女刑事に罪を暴かれてしまうのですから。

これはこれでじゅうぶんおもしろかったのですが、ドラマを先に見てしまったので、もう結末がわかっていたり、あるいは「あれ?ドラマよりあっさりしてる・・・」なんてのもありました。こちらを先に読んでいたら、もっと楽しめたかもしれません。

しかし、玲子ってけっして性格いいわけじゃないですね(苦笑) 彼女の言動には、時々ついていけないものがあります。同僚もしくは上司だったらいやかも・・・。

2012年3月17日 (土)

ソウルケイジ

1844「ソウルケイジ」 誉田哲也   光文社文庫   ★★★★

河川敷に止められた車から見つかった左手首が、死体なき殺人事件の始まりだった。手首は近所の工務店の主、高岡賢一のものと判明。鎌田署に立った帳場に、警視庁捜査一課十係・姫川玲子班が投入される。しかし、今回は玲子が嫌いな日下班と一緒の捜査。全く相容れない日下の捜査手法にイラつく玲子だったが・・・。

ドラマで今ちょうどこのエピソードをやっているので、読むのを我慢していました。でも、前回でだいたい目星がついた感じだったので、もういいかな、と。

相変わらず玲子はガツンガツンといろんなものにぶつかりながら、捜査にかけずりまわっています。「ストロベリーナイト」では、元公安のベテラン悪徳刑事・ガンテツがライバルでしたが、今回は捜査に一切の予断を許さない、徹底した現実主義者の日下が相手。ガンテツの時とは違うノリですが、玲子は日下ともガチンコ勝負です。一方、年上の部下・菊田との恋愛モードも微妙に進展中(と言っても、日下があきれ果てるスピードですが)。

そして、事件の方は、なんとも・・・。ありがちと言えばありがちなんですが、二重三重にいろいろな事実が絡み合っていて、玲子たちも振り回されます。ただ、もう少し被害者たちを深く描いてもいいんじゃないかという気はしましたが。特に中川美智子のあたり。

とにかく、玲子という主人公の魅力と、リアルすぎる警察内部の空気で読ませる小説です。ただ、気になるのは、説明不能な「勘」で捜査する玲子を、ガンテツも日下も、ひどく心配していること、です。今後、玲子に何かとんでもないことが降りかからなければいいのだけど・・・と、本気で心配してしまいました。それから、玲子の周りをうろちょろする井岡の存在。彼も只者ではない気がするのですが。

ドラマから入ったので、すっかりドラマのキャスティングで読んでしまっています。ただ、菊田はゴリラ系な感じですが、ドラマの西島秀俊はどっちかというと線が細い感じですよね。まあ、脳内イメージは西島で読んじゃってるのでいいのですが(笑)

2012年2月29日 (水)

ストロベリーナイト

1839「ストロベリーナイト」 誉田哲也   光文社文庫   ★★★★

ビニールシートにくるまれた惨殺死体。警視庁捜査一課の警部補・姫川玲子は、この事件に連なる事件に気づく。姫川班を率いて、真相に近づいた玲子の前に「ストロベリー・ナイト」という謎の言葉が・・・。

ドラマにはまってしまいまして。原作にも手を出してしまいました。

原作はけっこうグロい・・・というのをどこかで聞いていて、読む気はなかったのですが。あまりにもドラマの竹内結子がかっこよくて(私は彼女のファンではありません)。

男ばかりの捜査一課の紅一点。昇進試験をクリアして、27歳にして警部補まできたノンキャリア。男性で年上の部下たちを指揮し、他班の刑事たちと互角に渡り合う。性格もけっこうキツイ(笑)・・・そんな、 「いい人」じゃない玲子がなかなか気に入りました。

もっとも、玲子が刑事になったのには、ある事件の被害者になった経験があるわけで。玲子が決心した場面というのは、なかなか絵になるのですが・・・。

警察小説としてじゅうぶん楽しみました。ミステリというより、刑事たちの人間ドラマとしてすごい緊張感があって。

ただ、玲子の「動機」とそれに関わる事件がどうも・・・。嫌悪感の方が強くて。うーん。

でも、なんだかんだ言って原作にもはまったので、次も読みます。

なお、ほんとにグロかったです(涙) 覚悟して読んだので、なんとか耐えられましたが。

2009年9月 6日 (日)

武士道エイティーン

1409「武士道エイティーン」誉田哲也    文藝春秋    ★★★★

東松学園剣道部の磯山香織。東松から福岡南に転校した甲本早苗。二人の剣道少女がいよいよ迎えた最後のインターハイ。ところが、早苗が怪我をしてしまい…。

なんか、いいですねぇ、これ。
正直言って、わりと呆気なくインターハイを迎えてしまうので、「え、もう?」と思ってしまったのですが…。
インターハイは、クライマックスではあるけれど、通過点なんですね。そこで人生が完結するわけじゃない。ただ勝った負けたで終わるんじゃなくて、「その後」の香織と早苗が描かれているのがよかったです。

今回は、他の登場人物を主役にしたサイドストーリーが間にはさみこまれていますが、これがいずれもよかった! 本編ときちんとつながっていて、「あの人がああいう行動をとったわけは…」と、わかるようになっています。
福岡南の吉田監督の話と、香織たちの後輩・美緒の話が好きでした。

それにしても、剣道経験者としては、いろいろ考えさせられることも多かったです。
特に、本気で人を斬るような剣道をしていた香織の考え方が変わっていくのは…。私もああいう気持ちで剣道をやっていたら、もう少しいい試合ができたんじゃないかと思ってしまいます。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

「あ」行の作家 「か」行の作家 「さ」行の作家 「た」行の作家 「な」行の作家 「は」行の作家 「ま」行の作家 「や」行の作家 「ら」行の作家 「わ」行の作家 あさのあつこ いしいしんじ こうの史代 さだまさし その他 たつみや章 ほしおさなえ よしもとばなな アンソロジー 万城目学 三上亜希子 三上延 三島由紀夫 三木笙子 三浦しをん 三浦哲郎 三谷幸喜 上橋菜穂子 中山七里 中島京子 中田永一 中野京子 乃南アサ 乙一 井上ひさし 京極夏彦 伊坂幸太郎 伊藤計劃 伊集院静 佐藤多佳子 佐藤賢一 俵万智 倉知淳 光原百合 冲方丁 初野晴 加納朋子 加門七海 北大路公子 北山猛邦 北村薫 北杜夫 北森鴻 原田マハ 司馬遼太郎 吉村昭 吉田修一 向田邦子 坂木司 夏川草介 夏目漱石 大倉崇裕 大崎梢 太宰治 奥泉光 宇江佐真理 宮下奈都 宮尾登美子 宮部みゆき 小川洋子 小川糸 小路幸也 小野不由美 山崎豊子 山本周五郎 山白朝子 岡本綺堂 島本理生 川上弘美 平岩弓枝 彩瀬まる 恩田陸 愛川晶 戸板康二 日明恩 日記・コラム・つぶやき 有川浩 朝井まかて 朝井リョウ 木下昌輝 木内昇 朱川湊人 杉浦日向子 村山由佳 東川篤哉 東野圭吾 松本清張 柏葉幸子 柚木麻子 柳広司 柴田よしき 栗田有起 桜庭一樹 梨木香歩 梯久美子 森博嗣 森絵都 森見登美彦 森谷明子 横山秀夫 橋本治 氷室冴子 永井路子 永田和宏 江國香織 池波正太郎 津原泰水 津村記久子 浅田次郎 海堂尊 海外の作家 深緑野分 湊かなえ 漫画 澤村伊智 澤田瞳子 瀬尾まいこ 田中啓文 田丸公美子 畠中恵 石田衣良 磯田道史 福井晴敏 笹尾陽子 米原万里 米澤穂信 芥川龍之介 若竹七海 茅田砂胡 茨木のり子 荻原規子 菅野彰 菅野雪虫 藤沢周平 藤谷治 西條奈加 西澤保彦 角田光代 誉田哲也 辺見庸 辻村深月 近藤史恵 酒井順子 重松清 金城一紀 門井慶喜 阿部智里 青崎有吾 須賀しのぶ 額賀澪 高城高 高橋克彦 髙田郁 鷺沢萠

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー