橋本治

2019年2月 6日 (水)

草薙の剣

2858「草薙の剣」 橋本治   新潮社   ★★★★

六十二歳の昭生。五十二歳の豊生。四十二歳の常生。三十二歳の夢生。二十二歳の凪生。十二歳の凡生。六人の「息子たち」を主人公に、その両親や祖父母たちの人生をたどり、戦前から平成の終わりまでの時代を描く。ふつうの日本人が歩んだ100年とは。

橋本治の訃報はショックでした。あまり読んでいないのに、なぜあんなにショックを受けたのだろう・・・と思い、いつか読もうと思っていたこの本を図書館で借りてきました。

不思議な物語でした。歴史に名を残すことなどない、ごくごく普通の人たちの物語。時代の流れに抗うでもなく、流される自覚もないまま平凡な人生を歩む、「時代の子」たちの物語。それは、私たちの物語でもあります。

主人公(というのも奇妙な感じがするのですが)の六人だけでなく、その親世代、祖父母世代まで遡り、物語はあちらへ行ったりこちらへ行ったり。正直、ちょっと混乱しました。

ただ、「時代を描く」のに、こんな手法があったのか、と驚嘆しました。ドキュメントとしてではなく、あくまで「小説」として。それが可能であったのは、橋本治が、物語の力、言葉の力を信じ、それを自在に扱う力をもっていたからではないでしょうか。

そんな作家がまた一人いなくなってしまった。私が受けたショックは、それゆえだったのでしょう。

橋本治が描き出した「時代」の空虚さに、思わず言葉を失いましたが・・・それでも、「草薙の剣」が少しでも現状を切りひらくアイテムになりますように。

2010年9月14日 (火)

リア家の人々

1565「リア家の人々」橋本治   新潮社   ★★★

東大出の文部省官僚の砺波文三は、戦後の公職追放によって、仕事を追われる。失意の日々の後、仕事に復帰した文三だったが、妻のくが子は癌に倒れる。そうして残された三人の娘たちは、父に対して複雑な思いを抱いていた。長女と次女は、それぞれに配偶者を見つけ、家を出ていった。末娘の静にだけは愛情を感じていた文三だが・・・。

橋本治による戦後小説という新聞の広告を見て、おもしろそうだなあと借りてきました。

戦後まもない頃から学生運動が全国に広がった1968年ごろまでの物語です。私には、「知らない時代」の話。うちの両親などは「懐かしい」と言うのでしょう。

砺波家の家族のありようは、いびつです。父は家長であり、正面切って家長の言葉に逆らうようなことは誰もしません。では、皆が本当に文三にしたがっているか・・・答えは、ノーです。文三もまた、それが義務であるという認識のもとに、家族を養っています。だから、彼の視点はひどく一方的で、常に上から目線。相手の思いを聞くということの必要性を感じることもなく、自分がこうだからこうなのだ・・・という理屈が展開します。それが一番顕著だったのは、文三の再婚話。妻の病中から亡くなった同僚の妻と関係をもち、妻の一周忌に親族の前でいきなり再婚したいと告げる。しかも、相手の女性の了承もとらず。娘たちにも何も相談せず。

でも、文三の考え方は、当時としてはそれほど奇異ではなかったのかもしれません。ただ、それを契機に長女の環は父に対して異を唱え、次女の織江もまた父のために何かしようという気持ちは一切持ち合わせていないことがはっきりします。末娘の静だけは、黙々と父にしたがっているように見えて、彼女もその生き方が実はおかしいのではないか・・・と思うようになっていきます。

大きな事件が起こるわけでなく、時代の移り変わりの中で、ある意味淡々と生活している砺波家の人々は、この時代の過程の雛型の一つなのかもしれません。でも、この家族なのに空虚な感じ・・・現代にもつながっている気がしました。

時間が行ったり来たりして、読みながら「あれ?」となることが多々あり、ちょっと大変でした。

2010年6月13日 (日)

これで古典がよくわかる

1512「これで古典がよくわかる」橋本治   ちくま文庫   ★★★★

「古典はわかりにくい」と言う人が多い。でも、それは当然なのです。なぜかというと・・・。日本語の文章の変遷から、古典作品が描かれた時代背景、そして、作者の人物像・・・さまざまな角度から古典の魅力に迫る入門書。

橋本治というと、私が強烈な印象を受けたのが「桃尻語訳枕草子」でした。実は、当時、私はあれを全く受け付けなくて(苦笑)、おじさんのくせに何書いてんの、キモチワルイ・・・というのが、正直な感想でした(すみません)。

その後、職業柄古典と付き合うようになって、そのおもしろさにはまりこみ、どうにかしてこのおもしろさを中学生にもわかってほしい!と悪戦苦闘するようになりました。でも、年々ハードルは高くなる一方。で、いろいろ参考になりそうな本を読んでいるのですが・・・これは、非常におもしろかったです。

古典といえば、やはり「源氏物語」「枕草子」という感じがしますが、私たちがそう感じるのも、実は歴史的に理由があるのだそうです。そして、一番読みやすい(わかりやすい)古典は、「徒然草」なのだ、と。のけぞってしまいましたが・・・橋本さんの「徒然草」解釈は、すごくおもしろい。なるほど!と思うことが多いのです。

目からウロコだったのは、「新古今集」の歌の解釈。私は新古今が苦手で苦手で、授業で出てくると困ってしまうのですが・・・なるほど、私が苦手なのはそういう理由だったのか!と納得しました。

それから、源実朝と後鳥羽上皇に関するくだりも。二人のおかれた環境、そこからうまれた価値観、それゆえに到達したそれぞれの「和歌の世界」・・・というと難しそうですが、とてもわかりやすく、「なるほど~」とうなずいてしまいました。

古典が苦手な人はもちろん、ある程度興味がある人にもおすすめの一冊です。

その他のカテゴリー

「あ」行の作家 「か」行の作家 「さ」行の作家 「た」行の作家 「な」行の作家 「は」行の作家 「ま」行の作家 「や」行の作家 「ら」行の作家 「わ」行の作家 あさのあつこ いしいしんじ こうの史代 さだまさし その他 たつみや章 ほしおさなえ よしもとばなな アンソロジー 万城目学 三上亜希子 三上延 三島由紀夫 三木笙子 三浦しをん 三浦哲郎 三谷幸喜 上橋菜穂子 中山七里 中島京子 中田永一 中野京子 乃南アサ 乙一 井上ひさし 京極夏彦 伊坂幸太郎 伊藤計劃 伊集院静 佐藤多佳子 佐藤賢一 俵万智 倉知淳 光原百合 冲方丁 初野晴 加納朋子 加門七海 北大路公子 北山猛邦 北村薫 北杜夫 北森鴻 原田マハ 司馬遼太郎 吉村昭 吉田修一 向田邦子 坂木司 夏川草介 夏目漱石 大倉崇裕 大崎梢 太宰治 奥泉光 宇江佐真理 宮下奈都 宮尾登美子 宮部みゆき 小川洋子 小川糸 小路幸也 小野不由美 山崎豊子 山本周五郎 山白朝子 岡本綺堂 島本理生 川上弘美 平岩弓枝 彩瀬まる 恩田陸 愛川晶 戸板康二 日明恩 日記・コラム・つぶやき 有川浩 朝井まかて 朝井リョウ 木下昌輝 木内昇 朱川湊人 杉浦日向子 村山由佳 東川篤哉 東野圭吾 松本清張 柏葉幸子 柚木麻子 柳広司 柴田よしき 栗田有起 桜庭一樹 梨木香歩 梯久美子 森博嗣 森絵都 森見登美彦 森谷明子 横山秀夫 橋本治 氷室冴子 永井路子 永田和宏 江國香織 池波正太郎 津原泰水 津村記久子 浅田次郎 海堂尊 海外の作家 深緑野分 湊かなえ 漫画 澤村伊智 澤田瞳子 瀬尾まいこ 田中啓文 田丸公美子 畠中恵 石田衣良 磯田道史 福井晴敏 笹尾陽子 米原万里 米澤穂信 芥川龍之介 若竹七海 茅田砂胡 茨木のり子 荻原規子 菅野彰 菅野雪虫 藤沢周平 藤谷治 西條奈加 西澤保彦 角田光代 誉田哲也 辺見庸 辻村深月 近藤史恵 酒井順子 重松清 金城一紀 門井慶喜 阿部智里 青崎有吾 須賀しのぶ 額賀澪 高城高 高橋克彦 髙田郁 鷺沢萠

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー