夏川草介

2010年11月27日 (土)

神様のカルテ2

1621「神様のカルテ2」夏川草介   小学館   ★★★★★

「医師の話ではない。人間の話をしているのだ。」

信州の病院で、過酷な地域医療の現場で悪戦苦闘する内科医・栗原一止。彼の勤務する病院に、大学時代の同級生・進藤辰也がやってくる。「医学部の良心」と呼ばれた辰也の帰還を一止は喜ぶが、辰也は以前とはすっかり変わってしまっていた。

正直、この「2」を書店で見かけたとき、「えっ!」と思ったのです。映画化と聞いたときも、「え~」と思ったのです。好きな話だけに、商業路線に乗ってほしくないというか。それなのに、「2」まで出ちゃうのか、売れると踏んだんだな、でも前作を超えるものを書けるのかな・・・と、ずいぶん失礼なことを思ったのです。で、しばらく手に取りませんでした。

が、あちこちのブログをのぞいてみると評判がいいので、じゃあ・・・と。

今回のすべては、冒頭に引用したイチさんのセリフに象徴されます。医師も患者も、生きている人間であること。そしてまた、いずれは死んでいく人間であること。死とは、人との絆の消失であること。しかし、それはまた誰かに受け継がれていくものであること。・・・そんな「あたりまえのこと」が、私たちがさまざまなことにかまけて忘れがちなことが、イチさんの目を通して描かれていきます。

涙があふれそうになって、でも、それをこらえながら続きを読んで・・・を、何度も繰り返しました。前作もよかったですが、私は「2」の方がより好きです。それぞれの登場人物が、人間として、自分の生き方に真摯に向き合っている姿が、胸にしみました。

学生時代の恋敵でもあった辰也の登場で、イチの個性がより際立ってきた気がします。二人のやりとり、すごく好きでした。コーヒーかけるのは勘弁してほしいですが(笑) それから、大狸先生と古狐先生も。みんながギリギリの中で、精いっぱい自分にできることをやり、大切な人を守り・・・。医師は特殊な職業ではあると思いますが、それが生身の人間であるのだということを実感しました。

トヨさんマゴさん夫婦のエピソードは反則じゃないかと思いましたが・・・マゴさんの歌が聞こえてくるあたりは、もうなんと言ったらいいか。それがあるだけに、古狐先生と千代さんの思いが、せつなくてならなかったです。私にも星空が見えるような気がしました。

それにしても、ハルさんは相変わらず素敵な女性です。こんな奥さんになりたいなあ・・・と、前作を読んだ時も思ったはずなのに、程遠い私。何かを求めるのでなく、互いを気遣い、寄り添って歩いて行けるような夫婦、いいですねえ。

「2」が出た時には驚きましたが、これなら納得です。映画化にはまだちょっと微妙な気分の私ですが・・・(ハルさんが宮崎あおいちゃんというのは納得です)。

2010年2月 4日 (木)

神様のカルテ

1436「神様のカルテ」夏川草介   小学館   ★★★★★

夏目漱石の「草枕」を愛し、語る言葉は漱石の文章ばりの変わり者。結婚1年の妻・ハルを心から愛する青年医師・栗原一止は、信州の「24時間、365日対応」の本庄病院の内科医。受け持ち患者と、救急患者への対応に追われる毎日だが・・・。

最近、医療ものドラマって流行ってますね。私も好きでよく見てます。特に救命救急ものは、展開も派手で、ドラマ性が高いですね。でも、これはそういう派手な出来事は起こりません。ものすごく普通の、田舎の病院の、ある一時期を切り取った物語。それにこんなに泣かされるとは。

最近、何かと病院のお世話になることが多く、さらに知人の死や入院が続き、医療のことや、人の生死について、何かと考えてしまうことが多いのです。そんな今の私に、ダイレクトに響いてきました。

ゴッドハンドもいないし、かっこいい救急専門のドクターもいない。救命ヘリがあるわけでもない。ふつうの病院。でも、満足して治療を受け、亡くなっていく患者さんたちがいる、そんな病院。それが本来あるべき姿なはずなのに、それが難しくなっているというのは、どういうことなんでしょうね。医者も患者も、自分のことしか考えられず、傲慢になっているのかもしれません。

「いくら漱石に傾倒していても、こんな話し方するやついないだろ~」な一止ですが・・・この古風な文体が、この物語のテーマに不思議なくらいフィットして、読み進めるにつれて、じんわり胸にしみてきました。特に、友人の「学士殿」を励まそうとする一止の言葉は、素敵でした。そんな一止が、たまにハルに普通の話し方で自分の気持ちを伝えようとするのが、私にはかなりツボでした。

すごく評判のよい本だったので、期待して読みましたが、期待を全く裏切りませんでした。「泣ける」と言われると、「泣くまい」と思うあまのじゃくですが、あっさり泣かされてしまいましたよ。

その他のカテゴリー

「あ」行の作家 「か」行の作家 「さ」行の作家 「た」行の作家 「な」行の作家 「は」行の作家 「ま」行の作家 「や」行の作家 「ら」行の作家 「わ」行の作家 あさのあつこ いしいしんじ こうの史代 さだまさし その他 たつみや章 ほしおさなえ よしもとばなな アンソロジー 万城目学 三上亜希子 三上延 三島由紀夫 三木笙子 三浦しをん 三浦哲郎 三谷幸喜 上橋菜穂子 中山七里 中島京子 中田永一 中野京子 乃南アサ 乙一 井上ひさし 京極夏彦 伊坂幸太郎 伊藤計劃 伊集院静 佐藤多佳子 佐藤賢一 俵万智 倉知淳 光原百合 冲方丁 初野晴 加納朋子 加門七海 北大路公子 北山猛邦 北村薫 北杜夫 北森鴻 原田マハ 司馬遼太郎 吉村昭 吉田修一 向田邦子 坂木司 夏川草介 夏目漱石 大倉崇裕 大崎梢 太宰治 奥泉光 宇江佐真理 宮下奈都 宮尾登美子 宮部みゆき 小川洋子 小川糸 小路幸也 小野不由美 山崎豊子 山本周五郎 山白朝子 岡本綺堂 島本理生 川上弘美 平岩弓枝 彩瀬まる 恩田陸 愛川晶 戸板康二 日明恩 日記・コラム・つぶやき 有川浩 朝井まかて 朝井リョウ 木下昌輝 木内昇 朱川湊人 杉浦日向子 村山由佳 東川篤哉 東野圭吾 松本清張 柏葉幸子 柚木麻子 柳広司 柴田よしき 栗田有起 桜庭一樹 梨木香歩 梯久美子 森博嗣 森絵都 森見登美彦 森谷明子 横山秀夫 橋本治 氷室冴子 永井路子 永田和宏 江國香織 池波正太郎 津原泰水 津村記久子 浅田次郎 海堂尊 海外の作家 深緑野分 湊かなえ 漫画 澤村伊智 澤田瞳子 瀬尾まいこ 田中啓文 田丸公美子 畠中恵 石田衣良 磯田道史 福井晴敏 笹尾陽子 米原万里 米澤穂信 芥川龍之介 若竹七海 茅田砂胡 茨木のり子 荻原規子 菅野彰 菅野雪虫 藤沢周平 藤谷治 西條奈加 西澤保彦 角田光代 誉田哲也 辺見庸 辻村深月 近藤史恵 酒井順子 重松清 金城一紀 門井慶喜 阿部智里 青崎有吾 須賀しのぶ 額賀澪 高城高 高橋克彦 髙田郁 鷺沢萠

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー