茨木のり子

2014年4月27日 (日)

詩のこころを読む

2115「詩のこころを読む」 茨木のり子   岩波ジュニア新書   ★★★★★

今まで気が向いたときに、読みたいところだけ読んでいましたが、久々に最初から通読しました。紹介されている詩もさることながら、詩のよさを説く茨木のり子さんの凛とした姿勢がすてきです。

和歌の長い歴史に比べると、日本の詩(特に口語詩)の歴史はまだまだ浅く、発展途上なのではないか・・・ということを最近つれづれに思ったりしていまして。というのも、久しく詩から遠ざかっていたのが、このところ、またぽつぽつと詩を読むようになってきたからです。

この本は、詩を読む入門書としても、また、多少かじったつもりになっている私みたいな人間にも、おすすめの一冊。詩とは何かという、茨木のり子なりの詩論にもなっていて、いろいろ考えさせられます。

それにしても、これ、初版が1979年! 35年も前なのに、少しも古びていないところがすばらしいです。

2011年2月16日 (水)

歳月

1663「歳月」茨木のり子   花神社   ★★★★★

  ふさわしい者でありたいと
  おもいつづけてきましたが
  追いつけぬままに逝かれてしまって
  たったひとつの慰めは
  あなたの生きて在る時に
  その値打ちを私がすでに知っていたということです
                         (パンツ一枚で)より

先日、「清冽」という茨木のり子の評伝を読んだとき、この詩集に関する記述があり、どうしても読みたくなって、盛岡の大きな書店まで買いに行きました。実は、以前にも立ち読みしたことがあったのですが、途中で泣きそうになってしまい、それ以上読めず、本棚に戻したのでした。

二十五年連れ添い、病で先立った夫への恋唄を集めたこの詩集。気恥ずかしかったのかなかなか出版しようとせず、それでも晩年には詩集としてまとめる準備をしていたということを知り、世に出すことが作者本人の意志だったのなら、ぜひ読むべきだ・・・と。さらに、茨木のり子の詩に物足りなさを感じていたらしい谷川俊太郎がこの詩集を絶賛したというのも、私の興味をひきました。

たしかに、茨木のり子の、姿勢のいい、凛とした詩とは、ちょっと趣が異なります。どこかなまめいていて、艶っぽく、一人の女性が、たった一人の巡り合うべき男性に巡り合い、愛し合った幸せと、残された者の強い寂寥感が伝わってきます。この「ナマ」な感じこそ、谷川俊太郎が求めていたものだったのでしょう。それでも、やはり茨木のり子らしさは失っていない、奇跡的なバランスで成り立っている詩篇です。

茨木さんの詩は、感情を感情的な言葉で表現しない、ある意味抑制されたところがあるのが特徴なのかもしれません。しかし、この詩集では、時々ドキリとするような言葉が並んでいます。例えば、亡夫がもし夜の庭にふらりと現れたなら・・・という詩「夜の庭」では、

  隙をみて
  やおらあなたの兵児帯をしっかり摑み
  いっしょにくるりトンボを切って
  今度こそいっしょに行くのです

さりげなく並べられた言葉のかげの激情に、思わずこちらの感情が揺さぶられました。

伝わってくるのは、夫への愛情です。人として尊敬できる相手に、愛し愛された幸福な日々と、死後なお募る思い。亡き夫への恋文を書き続けたようなものかもしれません。

繰り返し読んでいるのですが、感じたことがまだうまく言葉になりません。一生、そばに置きたい詩集です。

2008年2月 8日 (金)

倚りかからず

1255「倚りかからず」茨木のり子   筑摩書房   ★★★★

 1999年に刊行された、茨木のり子さんの詩集。表題作がいかにも茨木さんらしいです。

 茨木のり子さんが亡くなられて2年がたちます。「わたしが一番きれいだったとき」や「自分の感受性くらい」は、いまだに大好きな詩です。

 凛とした強さがあって、何にも媚びず、へつらわず、自分の足ですっくと立っている印象の詩人でした。この詩集も、そういう茨木さんのスタンスが、明確に示されています。

 個人的に「あ!」と思ったのは、「ピカソのぎょろ目」。茨木さんがご自身の病気について書いているのですが、私も同じ病気なのです。なんだか、妙に親近感を覚えてしまいました。病気のことといっても、全然重くなくて、むしろユーモラスな詩になっているところが、とても好きです。

その他のカテゴリー

「あ」行の作家 「か」行の作家 「さ」行の作家 「た」行の作家 「な」行の作家 「は」行の作家 「ま」行の作家 「や」行の作家 「ら」行の作家 「わ」行の作家 あさのあつこ いしいしんじ こうの史代 さだまさし その他 たつみや章 ほしおさなえ よしもとばなな アンソロジー 万城目学 三上亜希子 三上延 三島由紀夫 三木笙子 三浦しをん 三浦哲郎 三谷幸喜 上橋菜穂子 中山七里 中島京子 中田永一 中野京子 乃南アサ 乙一 井上ひさし 京極夏彦 伊坂幸太郎 伊藤計劃 伊集院静 佐藤多佳子 佐藤賢一 俵万智 倉知淳 光原百合 冲方丁 初野晴 加納朋子 加門七海 北大路公子 北山猛邦 北村薫 北杜夫 北森鴻 原田マハ 司馬遼太郎 吉村昭 吉田修一 向田邦子 坂木司 夏川草介 夏目漱石 大倉崇裕 大崎梢 太宰治 奥泉光 宇江佐真理 宮下奈都 宮尾登美子 宮部みゆき 小川洋子 小川糸 小路幸也 小野不由美 山崎豊子 山本周五郎 山白朝子 岡本綺堂 島本理生 川上弘美 平岩弓枝 彩瀬まる 恩田陸 愛川晶 戸板康二 日明恩 日記・コラム・つぶやき 有川浩 朝井まかて 朝井リョウ 木下昌輝 木内昇 朱川湊人 杉浦日向子 村山由佳 東川篤哉 東野圭吾 松本清張 柏葉幸子 柚木麻子 柳広司 柴田よしき 栗田有起 桜庭一樹 梨木香歩 梯久美子 森博嗣 森絵都 森見登美彦 森谷明子 横山秀夫 橋本治 氷室冴子 永井路子 永田和宏 江國香織 池波正太郎 津原泰水 津村記久子 浅田次郎 海堂尊 海外の作家 深緑野分 湊かなえ 漫画 澤村伊智 澤田瞳子 瀬尾まいこ 田中啓文 田丸公美子 畠中恵 石田衣良 磯田道史 福井晴敏 笹尾陽子 米原万里 米澤穂信 芥川龍之介 若竹七海 茅田砂胡 茨木のり子 荻原規子 菅野彰 菅野雪虫 藤沢周平 藤谷治 西條奈加 西澤保彦 角田光代 誉田哲也 辺見庸 辻村深月 近藤史恵 酒井順子 重松清 金城一紀 門井慶喜 阿部智里 青崎有吾 須賀しのぶ 額賀澪 高城高 高橋克彦 髙田郁 鷺沢萠

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー