三木笙子

2017年11月 3日 (金)

怪盗の伴奏者

2659「怪盗の伴奏者」 三木笙子   創元推理文庫   ★★★

帝都を騒がせる大怪盗ロータスと、一連の事件の主任検事となった安西は、少年時代、無二の親友だった。敵対する二人が再び相まみえたとき、事件の結末は・・・。帝都探偵絵図シリーズ第4弾。

「君なら僕と同じ速さで走ることができる」・・・憧れてやまない相手からこう言われたら。どれほど誇らしく思うことだろう。そして、どこまでも共に走ろうと決意することだろう。

「伴走者」「反魂蝶」「怪盗の伴走者」の三話から成るこの物語は、そんな立場におかれた安西省吾検事が主人公。鬱屈した少年時代、省吾に唯一の光を与えてくれた蓮は、才気にあふれ、少年ながら末恐ろしい人物。二人は互いをパートナーと認め合うが、大人になった省吾は検事に、蓮は帝都を騒がす怪盗ロータスに。敵対する関係になった二人は・・・。

「伴走者」では二人の出会いを、「反魂蝶」は二人が協力して事件を解決した出来事を。そして「怪盗の伴走者」は、大人になった二人が描かれ、ここでようやく本来の探偵役・記者の高広と絵師の礼が登場します。敵対しなければならない省吾と蓮は、いったいどうするのか? 

結末は、そうなるのか・・・という感じでしたが、二人の来し方を考えると、それもまた必然だったのかもしれません。それほどまでに、省吾をとらえた光は強かったのでしょう。

「伴走者」「

2014年2月10日 (月)

人形遣いの影盗み

2091「人形遣いの影盗み」 三木笙子   創元推理文庫   ★★★

雑誌記者の里見高広と、帝都一の美人画家・有村礼による、帝都探偵物語シリーズ第3作。「びいどろ池の月」「恐怖の下宿屋」「永遠の休暇」「妙なる調べ奏でよ」「人形遣いの影盗み」「美術祭異聞」の6編を収録。

シリーズの中で、これが一番充実していた気がします。ミステリ部分もさることながら、高広と礼、それぞれの置かれた環境が、それに関わる事件に厚みを増していくような。

表題作には怪盗ロータスが再登場。いったい何者?という感じですが。ホームズの大ファンである礼は、自らをワトソン、高広をホームズになぞらえていますが、ロータスは自称アルセーヌ・ルパンとのこと。なんとも豪華なキャスティングです(笑)

ほかにも、今までの作品に登場したキャラが再登場していて、ちょっとお得感がありました。

表題作や「びいどろ~」もよかったですが、コメディタッチの「恐怖の下宿屋」、幕切れの礼の言葉が印象的な「妙なる調べ奏でよ」といった小品がとてもよかったです。

2012年10月 5日 (金)

世界記憶コンクール

1919「世界記憶コンクール」 三木笙子   創元推理文庫   ★★★★

『記憶に自信ある者求む』という奇妙な新聞広告。養父に勧められて応募した博一は、その圧倒的な記憶力で見事合格。毎日、記憶力の訓練に通うことになったが・・・。

美形の天才絵師・有村礼をワトソンに、司法大臣を養父にもつ雑誌記者・里見高広をホームズになぞらえた、「帝都探偵絵図」シリーズ第2弾。

「世界記憶コンクール」「氷のような女」「黄金の日々」「生人形の涙」「月と竹の物語」の5話を収録。

表題作は、なんとも奇妙なタイトルですが、ホームズの「赤毛組合」を下敷きにしたミステリ。「赤毛」はホームズものの中でもかなり有名かつインパクトのある話ですが、あれがこういうふうにアレンジされますか~と、感心してしまいました。

それから、「氷のような女」もおもしろかったです。いつまでたっても、高広も礼も登場しないじゃないの・・・と思っていたら、そういうことでしたか。作者の思惑にはまりまくりでした(苦笑)

ほかにも、高広と礼のなれそめ(?)エピソードがあったり、なかなか楽しめた2作目でした。

2012年1月16日 (月)

人魚は空に還る

1815「人魚は空に還る」 三木笙子   創元推理文庫   ★★★

消えた大粒の真珠。見世物小屋の美しい人魚。神出鬼没の怪盗ロータス。・・・雑誌記者の里見高広と、美貌の天才絵師・有村礼。二人の青年が明治の世の不可思議な事件を解き明かす、帝都探偵物語。

以前から気になっていた作家さん、気になっていたシリーズ。とりあえず、文庫で購入してみました。

なんとなく、設定はツボだなあと思っていましたが、ちょっとひとひねりありました。美形天才絵師の礼が探偵役かと予想していたら、ホームズは高広の方。そして、礼はストランドマガジンに連載中の「シャーロック・ホームズ」の大ファンで、自らをワトソンになぞらえ、高広にホームズたることを期待(要求?)している、という・・・。高広もさっそうとした探偵ではなく、おそろしく控えめで、そのアンバランスがなんとなく微笑ましいのです。

ミステリとしては正攻法なんでしょうけれど、ちょっと物足りない気もしました。わりと淡々と謎解きされてしまうので。もう少し何かインパクトがあってもいいかなと。

ま、こういう話のお約束で、のちに名を残す実在の人物がちらほら登場するのはご愛嬌ですね。

まあまあ楽しめたので、続編も読んでみようかなと思ってます。

その他のカテゴリー

「あ」行の作家 「か」行の作家 「さ」行の作家 「た」行の作家 「な」行の作家 「は」行の作家 「ま」行の作家 「や」行の作家 「ら」行の作家 「わ」行の作家 あさのあつこ いしいしんじ こうの史代 さだまさし その他 たつみや章 ほしおさなえ よしもとばなな アンソロジー 万城目学 三上亜希子 三上延 三島由紀夫 三木笙子 三浦しをん 三浦哲郎 三谷幸喜 上橋菜穂子 中山七里 中島京子 中田永一 中野京子 乃南アサ 乙一 井上ひさし 京極夏彦 伊坂幸太郎 伊藤計劃 伊集院静 佐藤多佳子 佐藤賢一 俵万智 倉知淳 光原百合 冲方丁 初野晴 加納朋子 加門七海 北大路公子 北山猛邦 北村薫 北杜夫 北森鴻 原田マハ 司馬遼太郎 吉村昭 吉田修一 向田邦子 坂木司 夏川草介 夏目漱石 大倉崇裕 大崎梢 太宰治 奥泉光 宇江佐真理 宮下奈都 宮尾登美子 宮部みゆき 小川洋子 小川糸 小路幸也 小野不由美 山崎豊子 山本周五郎 山白朝子 岡本綺堂 島本理生 川上弘美 平岩弓枝 彩瀬まる 恩田陸 愛川晶 戸板康二 日明恩 日記・コラム・つぶやき 有川浩 朝井まかて 朝井リョウ 木下昌輝 木内昇 朱川湊人 杉浦日向子 村山由佳 東川篤哉 東野圭吾 松本清張 柏葉幸子 柚木麻子 柳広司 柴田よしき 栗田有起 桜庭一樹 梨木香歩 梯久美子 森博嗣 森絵都 森見登美彦 森谷明子 横山秀夫 橋本治 氷室冴子 永井路子 永田和宏 江國香織 池波正太郎 津原泰水 津村記久子 浅田次郎 海堂尊 海外の作家 深緑野分 湊かなえ 漫画 澤村伊智 澤田瞳子 瀬尾まいこ 田中啓文 田丸公美子 畠中恵 石田衣良 磯田道史 福井晴敏 笹尾陽子 米原万里 米澤穂信 芥川龍之介 若竹七海 茅田砂胡 茨木のり子 荻原規子 菅野彰 菅野雪虫 藤沢周平 藤谷治 西條奈加 西澤保彦 角田光代 誉田哲也 辺見庸 辻村深月 近藤史恵 酒井順子 重松清 金城一紀 門井慶喜 阿部智里 青崎有吾 須賀しのぶ 額賀澪 高城高 高橋克彦 髙田郁 鷺沢萠

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー