辺見庸

2012年3月16日 (金)

瓦礫の中から言葉を わたしの<死者>へ

1843「瓦礫の中から言葉を わたしの<死者>へ」 辺見庸   NHK出版新書   ★★★★★

震災後、大量の「震災関連本」が出版されています。その中で、どれを読むかというのも、その人の在り様を示すのだろうなと思っています。だから、その類の本の感想をここに記すのは、私にとってはけっこう勇気の要ることなのですが・・・。

辺見庸さんは石巻市の出身。故郷を襲った今回の災厄をどう受け止め、どう表現するか。「言葉」」でひたすら震災に向き合おうとした一冊です。

辺見さんといえば、「もの食う人びと」。あの中のチェルノブイリに生きる人の項は忘れられません。その辺見さんが震災をどのようにとらえたのか。

読んでいる間中、頭をガンガン殴られているような気分でした。今まで自分がどれだけ安易に言葉を使っていたのか、どれだけ安きに流れていたのか、それを突きつけられた気がしました。決まりきった表現、熟慮されることのない言葉(これを書いている今も)。そうすることで、思考まで安きに流れてしまっていること。・・・自分が恥ずかしくなりました。

これしかないという言葉を探し、選び、吟味し、発する。その意味を、あらためて考えさせられました(ああ、これもまた定型文だ・・・)。

この本のキーワードは

「言葉と言葉の間に屍がある」

「人間存在というものの根源的な無責任さ」

だそうです。

もちろん、この本は、あくまでも辺見庸という一人の人間の「私記」であり、すべてに頷けたわけではありません。そして、思想的な一面であり、「そんなことより生きていくことで精一杯なんだ!」というのもまた真実だと思います。

ただ、私がずっと感じていた震災後のCM放送に対する違和感など、これを読んで納得できたこともたくさんありました。

その他のカテゴリー

「あ」行の作家 「か」行の作家 「さ」行の作家 「た」行の作家 「な」行の作家 「は」行の作家 「ま」行の作家 「や」行の作家 「ら」行の作家 「わ」行の作家 あさのあつこ いしいしんじ こうの史代 さだまさし その他 たつみや章 ほしおさなえ よしもとばなな アンソロジー 万城目学 三上亜希子 三上延 三島由紀夫 三木笙子 三浦しをん 三浦哲郎 三谷幸喜 上橋菜穂子 中山七里 中島京子 中田永一 中野京子 乃南アサ 乙一 井上ひさし 京極夏彦 伊坂幸太郎 伊藤計劃 伊集院静 佐藤多佳子 佐藤賢一 俵万智 倉知淳 光原百合 冲方丁 初野晴 加納朋子 加門七海 北大路公子 北山猛邦 北村薫 北杜夫 北森鴻 原田マハ 司馬遼太郎 吉村昭 吉田修一 向田邦子 坂木司 夏川草介 夏目漱石 大倉崇裕 大崎梢 太宰治 奥泉光 宇江佐真理 宮下奈都 宮尾登美子 宮部みゆき 小川洋子 小川糸 小路幸也 小野不由美 山崎豊子 山本周五郎 山白朝子 岡本綺堂 島本理生 川上弘美 平岩弓枝 彩瀬まる 恩田陸 愛川晶 戸板康二 日明恩 日記・コラム・つぶやき 有川浩 朝井まかて 朝井リョウ 木下昌輝 木内昇 朱川湊人 杉浦日向子 村山由佳 東川篤哉 東野圭吾 松本清張 柏葉幸子 柚木麻子 柳広司 柴田よしき 栗田有起 桜庭一樹 梨木香歩 梯久美子 森博嗣 森絵都 森見登美彦 森谷明子 横山秀夫 橋本治 氷室冴子 永井路子 永田和宏 江國香織 池波正太郎 津原泰水 津村記久子 浅田次郎 海堂尊 海外の作家 深緑野分 湊かなえ 漫画 澤村伊智 澤田瞳子 瀬尾まいこ 田中啓文 田丸公美子 畠中恵 石田衣良 磯田道史 福井晴敏 笹尾陽子 米原万里 米澤穂信 芥川龍之介 若竹七海 茅田砂胡 茨木のり子 荻原規子 菅野彰 菅野雪虫 藤沢周平 藤谷治 西條奈加 西澤保彦 角田光代 誉田哲也 辺見庸 辻村深月 近藤史恵 酒井順子 重松清 金城一紀 門井慶喜 阿部智里 青崎有吾 須賀しのぶ 額賀澪 高城高 高橋克彦 髙田郁 鷺沢萠

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー