大倉崇裕

2017年12月28日 (木)

樹海警察

2686「樹海警察」 大倉崇裕   ハルキ文庫   ★★★★

キャリア警部補・柿崎努が配属されたのは、富士の樹海で見つかった遺体を専門に扱う部署「地域課特別室」。部下の栗柄、桃園、明日野は皆ひと癖もふた癖もありそうな者ばかり。どうやらワケありばかりが流れ着く部署らしく、本署からもまともに相手にされていない。そんなところに配置されたことに憮然とする柿崎だったが、否応なしに死体が発見され、樹海に赴く。前任者は耐えられず辞めてしまったという任務に、柿崎は耐えられるのか?

いいですねえ、こういうミステリ。肩の力を抜いて楽しめるけど、ミステリとしてはきっちりしている。シリアスな物語も好きですけど、たまにはこういうのも読みたくなります。

設定がとにかくおもしろいのです。大倉さんの発想、アイディアの豊かさには、いつも驚かされます。樹海で発見される死体専門の警察。そこで「事件性のある死体」が見つかったら・・・。ものすごく頭の固い若きキャリアの柿崎は、死体と個性豊かすぎる部下たちに振り回されながら、捜査にあたります。上司を上司とも思わないような部下たちに憤慨しつつ、いつのまにか柿崎と彼らが起こす「化学反応」が、事件を解決に導いていくのです。

「栗柄慶太の暴走」「桃園春奈の焦燥」「明日野裕一郎の執念」の3話。柿崎の変化と共に、部下たちそれぞれの事情も少しずつ語られ、最後は・・・という展開も見事です。

これ、続編出ませんかね?無理ですかね? 一応、これでまとまった感じはしますけど。もっと読みたいなあ。

2017年9月18日 (月)

天使の棲む部屋

2635「天使の棲む部屋」 大倉崇裕   光文社   ★★★ 

大手不動産会社に就職した若宮恵美子は、御曹司・雅弘の世話係に任命される。雅弘は難病で、ほとんど寝たきりの生活をしているためだ。同時に不動産に関わるクレーム担当にもさせられた恵美子のもとにやってくるのは、信じられないような「問題物件」ばかりで・・・。

異色の探偵・犬頭光太郎が登場する「問題物件」シリーズ第2作。

「天使の棲む部屋」「水の出る部屋」「鳩の集まる部屋」「終の部屋」の4編。

犬頭の正体もはっきり記されるようになってきて、相変わらず彼の不思議な力で推理が展開するのですが、正統派のミステリです。こちらも慣れてきて、そろそろ来るな・・・と思うようになってきたのですが、読者の予想を裏切る展開が待っていたりして、さすが大倉さんだなあ、と。

なぜ、どうやって、「問題物件」が成立したのかを解き明かすミステリですが、よくこんなに思いつくなあと感心してしまいました。「水の出る部屋」がおもしろかったです。

これ、まだ続いているんでしょうか。続くんなら絶対読みます。

2017年9月 3日 (日)

問題物件

2629「問題物件」 大倉崇裕   光文社   ★★★★

「大島不動産販売」に入社した若宮恵美子は、大島グループの後継者で難病を患う雅弘の世話係に任命される。しかし、グループのお家騒動に巻き込まれ、販売特別室にまわされた恵美子は、クレーム対応に走り回ることに。恵美子が失敗すると、責任は雅弘がとることになるというがけっぷちの状況で、恵美子の前に現れたのは、「犬頭」と名乗る傍若無人な人物(?)だった。

「居座られた部屋」「借りると必ず死ぬ部屋」「ゴミだらけの部屋」「騒がしい部屋」「誰もいない部屋」・・・という各話のタイトルからわかる通り、まさに「問題物件」のトラブルを解決するミステリなのですが。

探偵役(?)の犬頭が、もうとんでもない。人間離れした能力で、問題を解決って、あきらかに人間じゃないじゃん! こんなんでミステリが成立するの?・・・はい、成立してます。トンデモな設定なんですが、謎解きは成立。こんなアクロバティックなミステリ、さすが大倉さんです。

続編もあるようなので、必ず読みます。

2017年1月 6日 (金)

福家警部補の報告

2522「福家警部補の報告」 大倉崇裕   創元推理文庫   ★★★★

およそ刑事らしくない福家警部補が、犯人を追い詰める倒叙ミステリ第3弾。

待ちに待った文庫化です! 「挨拶」も「再訪」もおもしろくて、あっという間に読んでしまったので、この三作目の文庫化を首を長~くして待っておりました。

「禁断の筋書(プロット)」「少女の沈黙」「女神の微笑(ほほえみ)」の3編を収録。

相変わらず、刑事に見えない福家警部補が、警察バッヂを捜したり、お金を借りたりしながら、事件を解き明かしていきます(読んでない人には、なんのことだかわかりませんね)。

倒叙ものなので、犯人も、殺害の手段も最初からわかっているのですが、福家がどうやって犯人を突き崩していくのか、犯人の動機とはいったい何なのか・・・。そのあたりの、福家の犯人との緊迫感のあるやりとりが、醍醐味です。

そういえば、これ、ドラマ化されたんでしたっけ。檀れいは、宝塚時代から好きな女優さんなんですが、ドラマの作りがイマイチな感じで、見るのやめちゃったんでした。もうちょっと見とけばよかったかな。

とりあえず、さらなる続編も出ているので、また文庫化をひたすら待つことにします。

2013年11月 8日 (金)

福家警部補の再訪

2065「福家警部補の再訪」 大倉崇裕   創元推理文庫   ★★★★

刑事に見えない福家警部補と、犯人の熾烈な攻防。倒叙ミステリのシリーズ第2作。「マックス号事件」「失われた灯」「相棒」「プロジェクトブルー」の4編を収録。

同じ作者の作品は続けて読まないようにしているのですが(あまり続くと、あきてしまうので)、そんなセーブがきかないほど、読みたくて。1作目「挨拶」に続けて、読んでしまいました。そして、全然あきなかったです。

「刑事コロンボ」へのオマージュでもあるようですが、それと切り離しても、とてもおもしろい。必死に犯行を隠ぺいしようとする犯人を追いつめていく福家。その得体の知れなさは不気味ですらあります。ごくごく小さなミスや矛盾を見逃さない福家と、犯人との心理戦は、息が詰まるような緊迫感が。

それでいて、福家のちょっととぼけたキャラが、いい味出してるんですよね。しかし・・・彼女の興味関心は、いったいどういう方向性があるんでしょうねえ。

続編もあるようで、文庫化されるのを楽しみに待とうと思います。

2013年11月 4日 (月)

福家警部補の挨拶

2064「福家警部補の挨拶」 大倉崇裕   創元推理文庫   ★★★★

小柄で地味で、目立たない女性。どう見ても刑事に見えない福家警部補が、犯人を追いつめる、倒叙ミステリ。

父が「刑事コロンボ」が好きで、テレビの洋画劇場をよく見ていました。当時小学生だった私には、ボサボサ頭によれよれコートのおっさんがしゃべりまくる映画はあまりおもしろいと思えなかったのですが・・・。やはり、「古畑任三郎」ですね、開眼したのは。

ただ、個人的にはミステリの好みは「フーダニット」なので、倒叙ものというのはどうもなあ・・・と思っていたのですが。

これは、おもしろかったです。短編集なら少しずつ読めるかなと思ったのに、一気読みしてしまったくらい。

どう見ても「切れ者」に見えない福家警部補が、犯人のささいなミスから犯罪を暴き出す過程は、ドキドキしてしまいました。また、この警部補殿、得体が知れないのですよね。徹夜しても平気、ものすごい酒豪のようだし。

続編、「福家警部補の再訪」も買ってしまいました。これから読みます。

2010年6月 8日 (火)

オチケン!

1508「オチケン!」大倉崇裕   理論社   ★★★

興味もないのに落研(落語研究会)に無理やりひきずりこまれた越智健一。岸と中村という二人の先輩しかいない弱小サークルなのに、文化系同好会の部室争奪をめぐる陰謀に巻き込まれてしまう。落語はわからず、先輩たちの言動は奇妙で、授業には出られず、あげく奇妙な事件が起こり・・・越智健一の未来はどっちだ!?

ちょっと軽めの話が読みたくて、手に取りました。落語は詳しくないですが、ミステリには落語ってわりとよく登場するのですよね。もちろん、決定打は北村薫の「円紫さんと私」シリーズでしたが。この本に出てくる噺は有名なものが多くて、さらに初心者でもわかりやすいようにしてくれているので、大丈夫です。

さてさて、越智健一が引きずり込まれた落研は、存続の危機に瀕しているために、その部室を他の同好会に狙われているのです。それなのに、落語を語る幽霊が出たり、馬術部にある捜査を依頼されたり・・・なんだか、せわしない。巻き込まれ型の主人公の越智は、よくわからないままその渦中に放り込まれて、授業にもほとんど出られず・・・。でも、いつのまにか、事件を解決してしまったりするのです。

テンポのいい文章で、落語を聞いているように、サクサク読めます。要領の悪い越智にも笑ってしまいますが、最大のミステリは、二人の先輩・岸と中村はいったい何者?ということですね。とにかくこの二人、挙動不審で変人(笑)

軽いノリで楽しめるミステリです。

巻末の、作者の落語に関するエッセイが、ちょっとしたミステリ論にもなっていて、なかなかおもしろかったです。

その他のカテゴリー

「あ」行の作家 「か」行の作家 「さ」行の作家 「た」行の作家 「な」行の作家 「は」行の作家 「ま」行の作家 「や」行の作家 「ら」行の作家 「わ」行の作家 あさのあつこ いしいしんじ こうの史代 さだまさし その他 たつみや章 ほしおさなえ よしもとばなな アンソロジー 万城目学 三上亜希子 三上延 三島由紀夫 三木笙子 三浦しをん 三浦哲郎 三谷幸喜 上橋菜穂子 中山七里 中島京子 中田永一 中野京子 乃南アサ 乙一 井上ひさし 京極夏彦 伊坂幸太郎 伊藤計劃 伊集院静 佐藤多佳子 佐藤賢一 俵万智 倉知淳 光原百合 冲方丁 初野晴 加納朋子 加門七海 北大路公子 北山猛邦 北村薫 北杜夫 北森鴻 原田マハ 司馬遼太郎 吉村昭 吉田修一 向田邦子 坂木司 夏川草介 夏目漱石 大倉崇裕 大崎梢 太宰治 奥泉光 宇江佐真理 宮下奈都 宮尾登美子 宮部みゆき 小川洋子 小川糸 小路幸也 小野不由美 山崎豊子 山本周五郎 山白朝子 岡本綺堂 島本理生 川上弘美 平岩弓枝 彩瀬まる 恩田陸 愛川晶 戸板康二 日明恩 日記・コラム・つぶやき 有川浩 朝井まかて 朝井リョウ 木内昇 朱川湊人 杉浦日向子 村山由佳 東川篤哉 東野圭吾 松本清張 柏葉幸子 柚木麻子 柳広司 柴田よしき 栗田有起 桜庭一樹 梨木香歩 梯久美子 森博嗣 森絵都 森見登美彦 森谷明子 横山秀夫 橋本治 氷室冴子 永井路子 永田和宏 江國香織 池波正太郎 津原泰水 津村記久子 浅田次郎 海堂尊 海外の作家 深緑野分 湊かなえ 漫画 澤田瞳子 瀬尾まいこ 田中啓文 田丸公美子 畠中恵 石田衣良 磯田道史 福井晴敏 笹尾陽子 米原万里 米澤穂信 芥川龍之介 若竹七海 茅田砂胡 茨木のり子 荻原規子 菅野彰 菅野雪虫 藤沢周平 藤谷治 西條奈加 西澤保彦 角田光代 誉田哲也 辺見庸 辻村深月 近藤史恵 酒井順子 重松清 金城一紀 門井慶喜 阿部智里 青崎有吾 須賀しのぶ 額賀澪 高城高 高橋克彦 髙田郁 鷺沢萠

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー