原田マハ

2019年11月 8日 (金)

20CONTACTS 消えない星々との短い接触

2967「20CONTACTS  消えない星々との短い接触」 原田マハ   幻冬舎   ★★★

作家・原田マハが、故人となったアーティストたち(ここでは、「星々」と呼ぶ)に、ごく短い時間コンタクトし、それをもとに掌編を書く。手土産必携、質問は二つまで。20人の星たちは、何を語り、何を見せてくれるのか。

 

2019年9月、清水寺で行われた展覧会(!)「CONTACT つなぐ・むすぶ 日本と世界のアート」と連動した企画もの。その展覧会については、本書を読めばわかるので省略しますが、とにかく参加アーティストのラインナップがすごい。

猪熊玄一郎、ポール・セザンヌ、ルーシー・リー、黒澤明、アルベルト・ジャコメッティ、アンリ・マティス、川端康成、司馬江漢、シャルロット・ペリアン、バーナード・リーチ、濱田庄司、河井寛次郎、棟方志功、手塚治虫、オーブリー・ビアズリー、ヨーゼフ・ボイス、小津安二郎、東山魁夷、宮沢賢治、フィンセント・ファン・ゴッホ

さらに、加藤泉、ゲルハルト・リヒター、ミヒャエル・ボレマンス、三嶋りつ恵、三島喜美代、荒木悠、杉本博司、森村泰昌、山田洋次、竹宮惠子という、現役アーティストたちも。

このラインナップを見ただけで、自分の「アート」の概念がいかに狭いものであるかを思い知らされるわけなのですが。この展覧会を企画した原田さんが、さらにそれと小説とをコラボした企画なのです。

20人の「星々」とコンタクトする原田さんは、エッセイでの素の顔を見せてくれます。静かな情熱をはらんだ緊張感が持ち味のアート小説しか読んだことのない方は驚くかも(笑) でも、アートを愛し、アーティストへの愛と敬意に満ちた原田さんのまなざしは、きっと心地よいはずです。

 

 

2019年9月 5日 (木)

美しき愚かものたちのタブロー

2942「美しき愚かものたちのタブロー」 原田マハ   文藝春秋   ★★★★

1953年6月。日本を代表する美術史家・田代雄一は、パリにいた。財界の大物・国会議員にして、稀代の美術コレクターだった松方幸次郎が戦前買い集めたコレクションをフランス政府から返還してもらうために。かつて松方のアドバイザーとして絵の購入に同行した日々を懐かしむ田代だったが、敗戦国・日本の交渉は想像以上に厳しいものとなる。しかし、松方とともに見た夢を叶えるという田代の思いは揺るがなかった。そう、日本に西洋美術の美術館をつくるという夢を。

 

タブローとは、絵画のこと。

国立西洋美術館の「松方コレクション」は、ずいぶん前に一度だけ見たことがあります。エル・グレコの絵があると知って、それを目当てに。その後は特設展ばかりで、常設展の方はすっかりご無沙汰してます(というか、西洋美術館自体ご無沙汰してます)。

正直、「松方コレクション」ときいても、「あ~、お金持ちが道楽で、金にあかせて買いあさったのね~」としか思っていませんでした。ほんと、すみません・・・。

まだ西洋がいろんな意味で遠かったころ。美術を学んでいても、西洋絵画を現物はおろか、はっきりしたカラー写真ですら見られなかった時代。そんなときに、日本の人々に「見せたい」という思いで、美術館をつくるために買い集められたタブローたち。それに関わった人たちの切実な思いを描いた物語です。

一枚のタブローがきっかけで美術コレクターとなった松方幸次郎。若き日に松方に魅せられ、松方の死後、そのコレクション返還交渉に関わった田代。そして、戦時中のパリで、コレクションを守った日置。もちろん、フィクションを大量に織り交ぜてあるのでしょうけれど、彼らは己の欲のためだけでなく、誰かのために、日本の未来のために、その持てる力を使い切った人々です。その生き様に心打たれました。

アートがなくても、人は生きていける。でも、アートに触れることで、人の心と暮らしは、少しだけ豊かになる。アートは人が生み出すもの。どんなに美しいものでも、難解なものでも、それを生み出した人間とその時代と無関係ではない。すぐれたアートは、人を動かし、時代をも動かす力をもっている。・・・原田さんのアートに関する作品で繰り返し描かれてきたテーマが、読み進めるうちにきれいに浮かび上がってきて、すごく腑に落ちました。

「ジヴェルニーの食卓」とのリンクもとってもよかった。モネの「睡蓮」、久しぶりに見たくなりました。

 

 

 

 

 

2019年2月20日 (水)

常設展示室

2862「常設展示室」 原田マハ 新潮社 ★★★★

ニューヨーク、メトロポリタン美術館に勤務する美青は、それなりに充実した毎日を過ごしている。好きなアートに関わる仕事に就けたのは幸せ。そう思っていた美青に異変が…。


「群青」「デルフトの眺望」「マドンナ」「薔薇色の人生」「豪奢」「道」の6編。

特別展の目玉になるようなものではないけれど、その美術館に行けば会える作品。そんな「常設展示室」の作品をと一瞬交わる名も無き人たちの人生。

アートはとくべつなものじゃないよ。でも、アートには人を動かす力があるよ。…原田マハさんのそんな声が聞こえてくるような作品集でした。

物語としては「道」がよく出来ていて、印象に残るのですが、「デルフトの眺望」「マドンナ」あたりもすごく好きです。親の老いに直面するのってキツいよねぇ…と思いながら読んでました。「薔薇色の人生」の展開にはびっくりしましたが(笑)、ラストがいいですね。先日読んだ「フーテンのマハ」で知ったマハさんのお茶目さを思い出しました。

2018年11月14日 (水)

フーテンのマハ

2817「フーテンのマハ」 原田マハ   集英社文庫   ★★★

しょっちゅう旅をしている「フーテンのマハ」こと原田マハさん。友人との「ぼよグル」旅や、編集者との取材旅行、アートを題材にした小説の取材旅行まで、マハさんの旅行エッセイ。

マハさんの生き方って、すごく憧れるんですけど(笑) 自分には絶対できないという思いもあるから、よけいに。

そんなマハさんが作家デビューするきっかけになった沖縄旅とか、取材旅行の話が、やっぱりおもしろかったです。キュレーター時代のバリバリだったマハさんがやらかした話も好きですけど(笑)

私はどちらかというと、ひとところにじっとしていたい方で、旅行はたまにでいいや・・・と思うのですが、じっとしてられない人もいますものねえ。寅さんのように。そういうの、私にとっては憧れなのです。だから、とても楽しんで読ませていただきました。

しかし、ラストの話がそうくるとは思ってませんでした。全くノーガードだったので、ちょっと「うっ」となりました。めぐりあわせって、あるんですねえ・・・。

2018年6月14日 (木)

たゆたえども沈まず

2757「たゆたえども沈まず」 原田マハ   幻冬舎   ★★★★

パリに行きたい。19世紀末、その夢をかなえてパリにやってきた加納重吉。日本での先輩・林忠正が助手として呼び寄せてくれたのだ。林は、パリで画商として活躍していた。折も折、空前のジャポニズムのブームにわくパリで、林と重吉は、浮世絵の販売で確固たる地位を築いていく。彼らは、浮世絵を通して、画廊の支配人・テオドルス・ファン・ゴッホと兄のフィンセントと知り合う。「画家の卵」のフィンセントを支えるテオと、重吉は急速に親しくなっていくが・・・。

原田マハさんアートもの新作、やっと読めました! なんたって、ゴッホ! 表紙が大好きな「星月夜」! ゴッホをどんなふうに描いてくれるんだろうと、楽しみで仕方ありませんでした。

意外だったのは、林忠正と加納重吉という、二人の日本人が絡んでくること。しかも、フィンセントとテオの兄弟にとって、林たちはなくてなならない存在になっていくのです。

まだまだ日本人が侮蔑の対象であった時代、花の都パリで商売をするのは並大抵の苦労ではなかったでしょう。それをやりとげた林忠正という人物(参考文献を見るに、実在したのですね)の凛とした生き方が、新しいアートの芽を育み、ゴッホという大樹になるまでに育てたのだという構成が、実に見事でした。

もちろん、フィンセントと双生児のように魂を分け合った弟・テオのことも、存分に描かれています。テオなくしては、ゴッホは生まれなかったでしょう。

そして、林の助手でありながら、兄弟の良き友人となった重吉の視点は、私たち読者のそれに最も近く、ごく自然に19世紀のパリに、新しいアートの世界に、私たちを誘ってくれます。

最後まで読み終えて、もう一度冒頭の場面に戻ると、あの老人が何者だったのかがわかります。そして、彼が持っていたあの手紙。いったいいつ、あの手紙は書かれたのでしょう。日付を頼りに本文に戻っても、見つけられなかったのですが・・・。そんなふうにして、彼は兄弟を励まし、支えていたのだと、胸が熱くなりました。

2017年9月21日 (木)

いちまいの絵

2638「いちまいの絵」 原田マハ   集英社新書   ★★★★

アートを愛し、アートに関わって生きていた作家・原田マハによる、26点の絵画の紹介。

副題「生きているうちに見るべき名画」というのがちょっと鼻について、なかなか手が出せずにいました。「~すべき」と言われると逆らいたくなるへそ曲がりなもので(苦笑)

でも、原田さんの目は確かだし、美術ものの小説も好きだし、やっぱり読んでおこうかな、と。

原田さんの小説のモチーフになった作品はもちろん、原田さんが強い印象を受けた絵画が26点、カラー図版つきで紹介されています。

絵画について詳細に語るというよりは、原田さんが感じたことと画家の紹介等がさらりとした文章で綴られています。そこには「見るべき」という押しつけがましさはなく・・・。

おもしろかったのは、原田さんが、どこで、どんな状況でそれらの絵画と出会ったのか、どんな状態で展示されていたのかなどが説明されていること。まるでこちらもその場で、絵画と対面しているような気持ちになりました。

2017年2月25日 (土)

星がひとつほしいとの祈り

2542「星がひとつほしいとの祈り」 原田マハ   実業之日本社文庫   ★★★★

道後温泉で盲目のマッサージ師と出会ったコピーライターの文香。その人は、かつて令嬢と呼ばれるような生活を送っていたのだという。彼女の若き日の恋と、献身的に仕えてくれた女中との絆を聞いた文香は・・・。(「星がひとつほしいとの祈り」)

原田マハは好きな作家ですが、主に読むのは美術系の作品。それも、図書館で借りて・・・と、なんとなく決めています。ところが、これは書店でたまたま見つけて、買ってしまいました。帯のコピーに引かれたからです。

「人生の節目に何度も読み返したい一冊です!」

それなら、手元においてみようか、と。

収録されているのは、7つの短編。20代から50代まで、さまざまな年齢の女性が主人公。

2話目の「夜明けまで Before the Daybreak Comes」でやられました。シングルマザーとしてひかるを生み育ててきた母・あかりが死去。女優だった母は、奇妙な遺言をひかるにのこしていた。遺言どおり、ある町を訪ねると、そこには・・・という物語。それぞれに自分の思いを引き裂かれながら、懸命に生きてきた人たちの姿に、思わず涙してしまいました。

どの話の主人公も、何か思い通りにいかないぎくしゃくしたものを抱えていて、あるいは大きな喪失を抱えていて・・・ある人はそれをなんとか笑い飛ばそうとしていたり、ある人はそこで立ち止まってしまっていたり。それでも、過ぎていく日々の営みの中で見せる彼女たちの表情は、決して他人事とは思えないのでした。

そして、彼女たちにもたらされる、ほんの少しの救い。それが、こちらの心までふっと緩ませてくれる、そんな物語なのです。この感じ、どこかで知ってる・・・と思ったら、藤田香織さんの解説を読んで、「あっ!」と。「旅屋おかえり」でした。納得。

この短編集も、日本各地を舞台にしています。私が土地鑑があるのは、「寄り道」の男鹿半島・白神山地くらいでしたが。

たしかに、これは「何度も読み返したい」本かもしれません。

2016年8月12日 (金)

暗幕のゲルニカ

2462「暗幕のゲルニカ」 原田マハ   新潮社   ★★★★

ニューヨーク近代美術館のキュレーターである瑤子は、ピカソの「ゲルニカ」を、プラド美術館から借り受けるべく奔走していた。それは、9・11のテロで亡くなった夫のためでもあった。しかし、交渉はうまくいかず、さらに衝撃的な出来事が・・・。

「楽園のカンヴァス」「ジヴェルニーの食卓」を経て、ここにたどり着いたのね・・・と、感慨深く読みました。

「ゲルニカ」制作中のピカソを、その愛人・ドラの目を通して描くパートと、MoMAのキュレーター・瑤子がその「ゲルニカ」を借りるために奔走する現代のパートとが交互に描かれ、物語が展開していきます。

なんといっても圧巻なのは、「創造主」パブロ・ピカソの人物像です。1937年から1945年までの彼が描かれますが、決して「いい人」ではないのに、その魅力にとらわれてしまいました。また、彼の愛人として後世に名を残したドラ・マール(「泣く女」のモデル)の存在感も、物語に強い力を与えています。

彼らが「ゲルニカ」を制作する過程は、実に興味深く、原田マハ渾身の筆だったのではないでしょうか。

一方、現代パートは、ちょっとなじめない感じで読んでいたのですが、途中で「過去」と「現在」がつながったときには、鳥肌が立ちました。そういうことだったのか、と。

読み終えて、作品冒頭に掲げられたピカソの言葉の意味が、重く胸に残りました。

「芸術は、飾りではない。敵に立ち向かうための武器なのだ。」

2016年1月17日 (日)

ロマンシエ

2403「ロマンシエ」  原田マハ         小学館          ★★★★

見た目はイケメン。だけど心は乙女な美智之輔は、アーティストに憧れる美大生。そんな美智之輔に、パリ留学のチャンスが!  そして、そこでは思わぬ出逢いが待っていた。

美智之輔のキャラに最初はドン引きしてたのですが(苦笑)
…だって、妄想力すごいんですもん。でも、日本では息が詰まってたんだろうなとか、ハルさんやムギさんの前で見せる素の表情とか、だんだんいとおしくなってきちゃいました。

だから、高瀬君に失恋した場面では、思わずもらい泣きしてしまいました(苦笑)  なんというか、ハルさんが書きたい小説そのままですね。参りました。

それから、リトグラフというものに対する価値観が変わりました。単なる印刷物ではないのですね。現代アートについての考え方にも、ハッとさせられました。

とってもキュートで、読むとちょっと元気になれるような、そんな物語でした。

 

2015年6月17日 (水)

モダン

2310「モダン」 原田マハ   文藝春秋   ★★★★

ニューヨーク近代美術館MoMAを舞台にした5つの短編集。

「中断された展覧会の記憶」「ロックフェラー・ギャラリーの幽霊」「私の好きなマシン」「新しい出口」「あえてよかった」の5編。

いちばん印象的だったのは、「中断された~」です。これって、実際にあった話なのでしょうか。3.11で中止になった展覧会の目玉作品を福島に引き取りに行く話です。作者がひどく冷静にこれを書こうとしているのが、抑制された文章から伝わってきました。それが、ラストでぶわっとあふれる感じが、とても好きでした。

「ロックフェラー~」は、MoMAの警備員が見た「幽霊」の話。それにつながるように、「私の好きなマシン」が配置されています。どちらもいい話でした。

「新しい出口」は、9.11の話で、読んでいてつらくなることも。ただ、「楽園のカンヴァス」とのリンクがあって、思わずニンマリ。マティスとピカソの関係、おもしろそうです。

「中断された~」でとりあげられていた、ワイエスの「クリスティーナの世界」を見たくてたまらなくなりました。

「楽園のカンヴァス」「ジヴェルニーの食卓」がお気に召した方にはおすすめの一冊です。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

「あ」行の作家 「か」行の作家 「さ」行の作家 「た」行の作家 「な」行の作家 「は」行の作家 「ま」行の作家 「や」行の作家 「ら」行の作家 「わ」行の作家 あさのあつこ いしいしんじ こうの史代 さだまさし その他 たつみや章 ほしおさなえ よしもとばなな アンソロジー 万城目学 三上亜希子 三上延 三島由紀夫 三木笙子 三浦しをん 三浦哲郎 三谷幸喜 上橋菜穂子 中山七里 中島京子 中田永一 中野京子 乃南アサ 乙一 井上ひさし 京極夏彦 伊坂幸太郎 伊藤計劃 伊集院静 佐藤多佳子 佐藤賢一 俵万智 倉知淳 光原百合 冲方丁 初野晴 加納朋子 加門七海 北大路公子 北山猛邦 北村薫 北杜夫 北森鴻 原田マハ 司馬遼太郎 吉村昭 吉田修一 向田邦子 坂木司 夏川草介 夏目漱石 大倉崇裕 大崎梢 太宰治 奥泉光 宇江佐真理 宮下奈都 宮尾登美子 宮部みゆき 小川洋子 小川糸 小路幸也 小野不由美 山崎豊子 山本周五郎 山白朝子 岡本綺堂 島本理生 川上弘美 平岩弓枝 彩瀬まる 恩田陸 愛川晶 戸板康二 日明恩 日記・コラム・つぶやき 有川浩 朝井まかて 朝井リョウ 木下昌輝 木内昇 朱川湊人 杉浦日向子 村山由佳 東川篤哉 東野圭吾 松本清張 柏葉幸子 柚木麻子 柳広司 柴田よしき 栗田有起 桜庭一樹 梨木香歩 梯久美子 森博嗣 森絵都 森見登美彦 森谷明子 横山秀夫 橋本治 氷室冴子 永井路子 永田和宏 江國香織 池波正太郎 津原泰水 津村記久子 浅田次郎 海堂尊 海外の作家 深緑野分 湊かなえ 漫画 澤村伊智 澤田瞳子 瀬尾まいこ 田中啓文 田丸公美子 畠中恵 石田衣良 磯田道史 福井晴敏 笹尾陽子 米原万里 米澤穂信 芥川龍之介 若竹七海 茅田砂胡 茨木のり子 荻原規子 菅野彰 菅野雪虫 藤沢周平 藤谷治 西條奈加 西澤保彦 角田光代 誉田哲也 辺見庸 辻村深月 近藤史恵 酒井順子 重松清 金城一紀 門井慶喜 阿部智里 青崎有吾 須賀しのぶ 額賀澪 高城高 高橋克彦 髙田郁 鷺沢萠

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー