北大路公子

2017年7月27日 (木)

私のことはほっといてください

2611「私のことはほっといてください」 北大路公子   PHP文芸文庫   ★★★★

いつもながらの日常を送る公子さんの、爆笑&脱力エッセイ。

なんかもう、どこからつっこんでいいのかわからないんですけど、今回も公子さんは公子さんでした(笑)

お父様との数々のバトルに笑い転げ、「ドラえもんのラーメン」に眩暈をおぼえ、河童の話に「だーかーらー!公子さん、小説書いてよ!」と怒り・・・。そんなこんなで、私もいつもの通りに読み終えました。

どうして私は取り憑かれたように北大路公子を読むのだろう・・・と、ときどき思うのですが。同じようなネタなのに、全然退屈しないのですよね。公子さんの目の付け所と発想の飛躍、それを読者に伝える文章力というのは、並々ならぬものがあるなあ・・・と、宮下奈都さんの解説を読んで思いました(笑)

とりあえず、今年だけで3冊(だっけ?)も文庫が出てるんですが、こんなハイペースで大丈夫ですか?と、ちょっと心配になっている私です。

2017年6月27日 (火)

流されるにもホドがある

2596「流されるにもホドがある」 北大路公子   実業之日本社文庫   ★★★★

あの公子さんが、こともあろうに流行ハンターとして、世の流行モノに挑む!?という、無謀な設定のエッセイ集。

公子さんと流行・・・これだけミスマッチなものがあろうか。編集者が何を思ってこういう企画を通したのかわかりませんが、想像しただけで笑えるという意味においては、成功したのかもしれません。

私もたいがい流行モノには疎いですが、公子さんはその上を行ってます。参りました。こちらの予想の斜め上を行く展開には脱帽です。一番印象に残ったのは、フィギュアスケート観戦の際、公子さんが口走った、

「私、真央ちゃんに生まれなくてよかったわー」

という一言です。そりゃ、私がその場にいたら、振り返って二度見します。それくらい、インパクトがありました。

公子さんのエッセイを読んでると、肩肘張って生きるのが馬鹿らしくなります。いろんなことにこだわっているのが恥ずかしくなります。そして、楽になります。だから、私は公子さんのファンなのです。

2017年4月26日 (水)

晴れても雪でも

2568「晴れても雪でも」 北大路公子   集英社文庫   ★★★

「石の裏にも三年」の続編エッセイ。

ええっと、ぶれませんね、公子さん。あまりに変わらない日常の安定っぷりに、感動すら覚えました。(どれだけ変わってないか確かめるために、「石の裏にも三年」まで読み返してしまいました)

「さかの途中の家」を読んで、ちょっとうつ状態になったので、低いテンションでも読める本ということでチョイスしましたが、正解でした(笑) ダンゴ虫状態でも生きていけると自信が持てましたよ。

2016年11月 7日 (月)

苦手図鑑

2488「苦手図鑑」 北大路公子   角川文庫   ★★★

公子さんの「苦手」なものを集めたエッセイ集。

文庫の裏表紙の説明に

「読むとどうでもいい気分になって酒でも飲んで眠りたくなることうけあいの脱力系エッセイ集」

とありまして、至言だなあ、と。

いやもう、読んでると、マジすかこれ、そんなことがほんとに起こるんですか、絶対ネタでしょ、と言いたくなる様なこと連発なんですけど。でも、それが公子さんの日常なんですよね。

公子さんのまわりにおもしろいことがたくさんあるというより、観察眼に優れているんでしょうね。普通ならなんとなく見過ごしてることに引っかかってるんだろうなという気がします。

というわけで、今回も楽しませていただきました。解説が小路幸也さんというのも、お得感アップでした。

2016年7月23日 (土)

ぐうたら旅日記 恐山・知床をゆく

2455「ぐうたら旅日記 恐山・知床をゆく」 北大路公子   PHP文芸文庫   ★★★★

旅は嫌い、という公子さんによる旅日記。

もうその設定だけでダメでしょう(笑)という感じですが、全編これビールを飲みながら、恐山とか知床とか網走とかを旅した記録です。ウニ好きな私には、とっても魅力的な知床ツアーでしたが。

読んでいるうちに、だんだん脳みそが公子化していくというか、公子調の語り口になっていく自分が怖くなってきたり(苦笑)

おまけのように、不思議な三題噺による掌編小説5編も収録。どうすればこんなシュールな話を思いつけるんですか、公子さん。

この本を読まれる方は、「文庫版あとがき」のさらに後のページもお読みください。

2015年6月30日 (火)

石の裏にも三年

2317「石の裏にも三年」 北大路公子   集英社文庫   ★★★★

副題「キミコのダンゴ虫的日常」。

書店で、新刊本の棚に1冊だけひっそりたたずんでいたのを、ゲットしました。これを逃したら、いつお目にかかれるかわからないぞ、と。

相変わらず、キミコさんはすごいです。3年分の日記で印象に残っていることは、キミコさんが雪かきしているのと、飲酒しているのと、すごく嫌そうに仕事していることの3つ。ちなみにこれ、今までのエッセイとも基本的に変わりません。

それから、キミコさんのご両親も相変わらずすごいです。お年を召されてややパワーダウンかと思ったのが甘かったです。この親にしてこの子ありというのは、まさにこの家族のためにあるのではないか、と。

ご友人も相変わらず個性的な方ばかりだし、担当さんもなかなか大物が多い気がするのは、決して私の気のせいではないですよね。

というわけで、今回も笑わせていただきました。いいなあ、このゆるい世界。先日読んだ伊坂幸太郎のエッセイもよかったですが、これも捨てがたい。

ただ、この感想を打ってるあいだ、PCがやたら反応悪く、四苦八苦しているのは、何かの呪いじゃないですよね?(笑)

2014年12月30日 (火)

最後のおでん

2210「最後のおでん」 北大路公子   新潮文庫   ★★★

「ああ無情の泥酔日記」第2弾です。

この手の本を読むときに、絶対やってはいけないことの一つに、「人目のあるところで読む」があります。重々わかっているのですが、どうしても読みたくなって、混んだ新幹線の中で読んでしまったわけです。何度笑いをこらえたことか。というか、こらえきれず、口のあたりがニマニマしていたのが、きっと窓に映ってしまっていて、隣のお姉さんに不気味がられていたに違いない・・・。

公子さん39歳~40歳当時の日記ですが、相変わらず飲んだくれて財布を落としたり、公子さんに負けず劣らず強烈なキャラのご両親に翻弄されたり、公子さんの日常が描かれています。

それにしても、いきなり「友愛」について語りだす公子さんのお父様のキャラが、とっても好きです。私の父もけっこうすっとこどっこいな発言をかましますが、とうていかないません。

あ、そうそう。私は、おでんは練り物が好きです。

ちなみに、この本、3軒目の書店でようやく見つけました。

 1軒目・・・地元の小さな書店。まあ、なくてもしかたない。

 2軒目・・・大きな都市の駅ビルの書店。新刊コーナーになぜかこれだけない。

 3軒目・・・それなりに大きな都市の駅ビルの書店。新刊コーナーに5冊くらいあった。

なんか、この本の存在の微妙さを的確に表しているなあと思ってしまいました。

2014年5月 1日 (木)

枕もとに靴

2117「枕もとに靴」 北大路公子   新潮文庫   ★★★

サブタイトル「ああ無情の泥酔日記」。
文庫化されたの、知らずにいました。が、なぜか最近、「北大路公子、読みたいなあ」とふと思ったりして。そしたら、偶然発見。迷わず、手に取りましたよ。タイトルを見た旦那に、微妙な顔されましたけど。
書かれてから時間がたっているし、ほかのエッセイとかぶるネタもあったり・・・というか、恐ろしくお変わりなく過ごしてらっしゃるのだなあ、と感動(笑) ところどころ、創作といっていいのか、妄想といっていいのかわからないような記述があり、実はそれがけっこう好きでした。
しかし、これも人前で読めないですねえ。一人で笑う怪しい人間になってしまいます。それでも、続編も文庫化を希望します。

2013年8月12日 (月)

生きていてもいいかしら日記

2034「生きていてもいいかしら日記」 北大路公子   PHP文芸文庫   ★★★★

先に2冊目の「頭の中身が漏れ出る日々」を読んでしまいましたが、あまりにおもしろかったので、勇んでこちらも購入。・・・またしても、笑わせてもらいました。

ふと思ったのですが・・・「私は北大路公子になれるだろうか?」と。

彼女の日常を読んでいると、「なんか、いいなぁ、こういうの」と思っちゃうのですが・・・果たして、それができるか、と。 たぶん、できないですね。昼酒くらってのんべんだらりとしているようでも(失礼!)、実際、これだけおもしろいネタを回収できるって、すごいことです。人間、誰しも自分でも「うわ!」と思うような失敗とか、わが目を疑うような信じられないものを目撃しちゃったりとか、いろいろあるわけですが・・・意外とそれを軽く流してしまったりしていて。ましてや、それを文章で再構築して人を笑わせるなんて、簡単にできることではないわけで。やっぱりすごいなぁ、公子さん(というか、プロの作家なんだから当然です)。

それに、こんなに笑えるネタを自ら作る&遭遇するのって、やっぱり才能だと思うわけです。なかなかいませんよ、牛刀で刺されたことのある元彼いる人って(笑)

ちょっと落ち込んだときには、北大路公子。しばらく、定番になりそうです。

2013年7月29日 (月)

頭の中身が漏れ出る日々

2026「頭の中身が漏れ出る日々」 北大路公子   PHP文芸文庫   ★★★★★

いやぁ、笑った。笑いました。「クスッ」なんてかわいいもんじゃありません。久しぶりに、本を読んで思いきり笑っちゃいました。

40代独身。趣味、昼酒。札幌の実家にてご両親と同居中のキミコさんの、ぐうたらな(失礼!)日常をつづったエッセイ。

もう、しょっぱなからやられました。少しずつ読もうと思っていたのに、ついつい一気読み。さらに、近日中にお気に入りネタは確実に読み返すだろうと予想されるこの感じ。いやぁ、参りました。

昼酒って、すごいですねえ。私は、お酒大好きですが、昼酒はちょっと苦手。田舎在住で、車がないと買い物も一苦労という事情もありますが、明るいうちからお酒を飲むのはどうもねえ、気分がねえ・・・というクチです。たまに旅行先で昼酒挑戦するときはありますが、あのちょっと後ろめたいような感じは、楽しいですけどね。・・・ただ、昼酒は酔いがまわるのが早い気がするのですが、気のせいでしょうか。

これを読んで、ものすご~く力抜けました。このところ、本もまじめに読みすぎてたかも。「生きていてもいいかしら日記」も、買ってこようっと。

その他のカテゴリー

「あ」行の作家 | 「か」行の作家 | 「さ」行の作家 | 「た」行の作家 | 「な」行の作家 | 「は」行の作家 | 「ま」行の作家 | 「や」行の作家 | 「ら」行の作家 | 「わ」行の作家 | あさのあつこ | いしいしんじ | こうの史代 | さだまさし | その他 | たつみや章 | よしもとばなな | アンソロジー | 万城目学 | 三上亜希子 | 三上延 | 三島由紀夫 | 三木笙子 | 三浦しをん | 三浦哲郎 | 三谷幸喜 | 上橋菜穂子 | 中山七里 | 中島京子 | 中田永一 | 中野京子 | 乃南アサ | 乙一 | 井上ひさし | 京極夏彦 | 伊坂幸太郎 | 伊藤計劃 | 伊集院静 | 佐藤多佳子 | 佐藤賢一 | 俵万智 | 倉知淳 | 光原百合 | 冲方丁 | 初野晴 | 加納朋子 | 加門七海 | 北大路公子 | 北山猛邦 | 北村薫 | 北森鴻 | 原田マハ | 司馬遼太郎 | 吉村昭 | 吉田修一 | 向田邦子 | 坂木司 | 夏川草介 | 夏目漱石 | 大倉崇裕 | 大崎梢 | 太宰治 | 奥泉光 | 宇江佐真理 | 宮下奈都 | 宮尾登美子 | 宮部みゆき | 小川洋子 | 小路幸也 | 小野不由美 | 山崎豊子 | 山本周五郎 | 山白朝子 | 岡本綺堂 | 島本理生 | 川上弘美 | 平岩弓枝 | 彩瀬まる | 恩田陸 | 愛川晶 | 戸板康二 | 日明恩 | 日記・コラム・つぶやき | 有川浩 | 朝井まかて | 朝井リョウ | 木内昇 | 朱川湊人 | 杉浦日向子 | 村山由佳 | 東川篤哉 | 東野圭吾 | 松本清張 | 柏葉幸子 | 柚木麻子 | 柳広司 | 柴田よしき | 栗田有起 | 桜庭一樹 | 梨木香歩 | 梯久美子 | 森博嗣 | 森絵都 | 森見登美彦 | 森谷明子 | 横山秀夫 | 橋本治 | 氷室冴子 | 永井路子 | 永田和宏 | 江國香織 | 池波正太郎 | 津原泰水 | 浅田次郎 | 海堂尊 | 海外の作家 | 湊かなえ | 漫画 | 瀬尾まいこ | 田中啓文 | 田丸公美子 | 畠中恵 | 石田衣良 | 福井晴敏 | 笹尾陽子 | 米原万里 | 米澤穂信 | 芥川龍之介 | 若竹七海 | 茅田砂胡 | 茨木のり子 | 荻原規子 | 菅野彰 | 菅野雪虫 | 藤沢周平 | 藤谷治 | 西條奈加 | 西澤保彦 | 角田光代 | 誉田哲也 | 辺見庸 | 辻村深月 | 近藤史恵 | 酒井順子 | 重松清 | 金城一紀 | 須賀しのぶ | 高城高 | 高橋克彦 | 髙田郁 | 鷺沢萠

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー