海外の作家

2017年12月 3日 (日)

リチャード三世

2673「リチャード三世」 シェイクスピア   岩波文庫   ★★★

前回読んだのは新潮文庫版。こちらは、岩波文庫で木下順二訳。先日観た舞台「リチャード三世」のテキストが木下順二版だったので、読んでみました。

もちろん、ストーリーは同じ。だけど、訳が違うと、見えてくる景色が違う・・・。

木下訳はより口語的で、理解はしやすいかと。もちろん、シェイクスピアならではの台詞回し・独特の雰囲気は保っています。劇中、印象的だった最終盤での「この世に思いを断ってゆけ!」のリフレインは、こちらの訳でした。

舞台では、台本もかなりカットされていて(役者さんたちも驚いたらしい)、完全に「新しいリチャード三世」でしたが、あの土台になっているのがこれだ!というのは、よくわかりました。

実は、木下順二がシェイクスピアを訳しているということ自体知らなかったので・・・。もっと勉強しなきゃ・・・。

2017年11月26日 (日)

雪と毒杯

2669「雪と毒杯」 エリス・ピーターズ   創元推理文庫   ★★★★

クリスマス直前のウィーンで、歌姫アントニアは亡くなった。その死を看取った人々を乗せたチャーター機は、北チロルの雪山に不時着し、雪に閉ざされた村のホテルにたどり着く。そこで、弁護士からアントニアの遺言状が公開された。その衝撃的な内容は、新たな悲劇を巻き起こし・・・。

「修道士カドフェル」シリーズ(未読です)の著者によるノン・シリーズのミステリ。半世紀以上たって、本邦初訳とのこと。帯にあるとおり、まさに「正統派の英国本格」といった趣きでした。

歌姫として一世を風靡したアントニア。彼女を看取るために集ったのは、姪のミランダと、その息子でアントニアの伴奏者であるローレンス。マネージャーのトレヴァーと、ランドール医師。オペラ歌手でアントニアの友人であるリチャード。アントニアの秘書・スーザンと弁護士のニール。彼女の死後、ロンドンへ向かったチャーター機が不時着し、避難したホテルで遺言状が公開されたことから、事件は起こります。

典型的な「フーダニット」もの。雪で孤立した村を舞台に、閉ざされた空間の中で、誰が殺人を犯したのかを互いに推理する展開。思わぬ「告発」もあり、状況は二転三転して、実に読み応えがあります。ミステリとしてはもちろん、登場人物たちの織り成すドラマも。

犯人が誰かは見当がつくのですが、それでも圧倒的な物語の力に引きずられるように、夢中になって読みました。おもしろかった・・・。

クリスマス前のこの時期は、作品の雰囲気も味わえ、読むのにおすすめです。

2017年11月 7日 (火)

リチャード三世

2661「リチャード三世」 シェイクスピア   新潮文庫   ★★★

野心家グロスター公リチャードは、玉座を手に入れるためにありとあらゆる策略をめぐらす。人を陥れ、あるいは籠絡し、命を奪い・・・そうして手に入れた王の座で、リチャードが見たものは。

あまりにも有名な戯曲。有名すぎて、舞台を観たことがなくても、いくつかの台詞は知っているほど。でも今回、初めて観劇するので、事前学習として読みました。

むーずーかーしーいー!(笑)

世界史苦手なのですが、その要因の一つに「人の名前が覚えられない」というか、「区別がつかない」というのがあるのです。どうして、親子で同じ名前をつけたりするの? 血縁関係とか入り組んでいて、わからない・・・。せめて巻頭に系図をつけてください・・・。巻末の「解題」の中にあったよ・・・。と、頭の中がこんがらがって読み終えました(苦笑)

ただ、やはり印象的な台詞まわしやら、絵になる場面というのは読んでいてもわかって、たしかにこれを舞台にしたら、さぞかし見栄えがすることでしょうと思わされました。

ちなみに、舞台は佐々木蔵之介主演の「リチャード三世」盛岡公演。とっても斬新な演出でしたが、とーってもすばらしい舞台でした。うっとり。

新潮文庫は福田恆存訳でしたが、舞台の定本は木下順二訳。そちらも読みたいです。

2017年10月 1日 (日)

ねじの回転

2645「ねじの回転」 ヘンリー・ジェイムズ   新潮文庫   ★★★★

イギリスの古いお屋敷に住む二人の美しい兄妹。両親と死別したその子どもたちのために、家庭教師として雇われた若い女性は、恐ろしい幽霊を目撃する。子どもたちを悪の世界へ引きずり込もうとする幽霊は、他の誰にも見えることはなく・・・。

私にとって「ねじの回転」といえば、恩田陸なのですが(笑)、こちらが本家だときいて、いつか読もうと思ってはいたのです。が、なんだか難解だというし・・・と二の足を踏んでいるうちに、小川高義による新訳が出ました。今読まずしていつ読む?と、購入。

短い話なのですが苦戦しました。なかなか世界に入り込めなくて。でも、徐々に物語がまわりはじめると、家庭教師の「私」の視点に巻き込まれるように、一気に読んでしまいました。

両親を亡くして、叔父にひきとられたマイルズとフローラ。しかし、叔父は決して二人と一緒に住もうとはせず(それどころか会おうともせず)、家庭教師を雇う。その家庭教師が、この物語の語り手で、彼女が遭遇した「怪異」が語られるホラー小説。

美しく賢い兄妹だけれど、マイルズは学校を放校処分になり(理由はわからない)、一抹の不安を抱えたまま、「私」の家庭教師生活は始まります。子どもたちは聞き分けよく、お屋敷を取り仕切るクローズ夫人とも気が合い、順調に見えた生活は、「幽霊」の登場で不穏なものに一転する・・・。

ホラーといっても、「怖い」というより、薄気味悪いというか・・・幽霊よりも、子どもたちや家庭教師の方が怖く思えたりするのが怖い、という・・・(苦笑) そして、突然の幕切れで呆然としてしまいました。

読み終えてみると、なんだったんだろう・・・という感じなのですが、読んでいるうちは何かにとりつかれたように、物語にはまっておりました。 

2017年9月24日 (日)

アウシュヴィッツの図書係

2640「アウシュヴィッツの図書係」 アントニオ・G・イトゥルベ   集英社   ★★★★★

アウシュビッツ強制収容所の一隅に、囚人たちがこっそり作った「学校」。そこには、秘密の「図書館」も存在した。本は、たったの8冊。図書係に指名されたのは、14歳の少女・ディタ。彼女は命がけで本を守るが、収容所の状況はどんどん悪化していき・・・。

3月に半分ほど読んでいたのですが、引越し等でバタバタになり、そのまま放置していました。ようやく、読了。いやいや、早く読むべきでした。

ディタのむこうみずにも思える勇気にハラハラしっ放しでした。読むことを禁止されている本を隠しているだけでドキドキものなのに、時には自分の服の下に隠して持ち歩くなんて! 

でも、未来に明るい光なんて見えない状況で、ディタのように生きることがどれほど尊いか。もちろん、ディタはまだ14歳で、大人のことはよくわからないし、子どもというほど幼くもなく・・・だから、迷うことも悩むことも当然あるわけで。

明日生きているかわからないという極限の状況で、それでも本を読み、その中のユーモアを感じ取り、現実に立ち向かう糧とする、そんなディタや子どもたちに救われる思いでした。

帯には、翻訳家・鴻巣友季子さんの「言葉と想像力は人間の尊厳と生命力の礎だ」という言葉が記されています。本当に! この本を読むと、そのことを痛感します。

これは実話をもとにした物語だときいていましたが、「著者あとがき」を読んで驚きました。ここまで事実に近いとは! あとがきには、その後のディタたちのことも書かれています。なんかもう、感無量で、あとがきを読んで涙がこぼれました。

2017年9月22日 (金)

コードネーム・ヴェリティ

2639「コードネーム・ヴェリティ」 エリザベス・ウェイン   創元推理文庫   ★★★★★

第二次世界大戦中、ナチ占領下のフランスで、スパイとして逮捕された若い女性。彼女は、尋問をやめる代わりに、イギリスに関する情報を手記として書くことを強要される。そこに書かれたのは、友人の女性飛行士・マディの戦場での日々だった。彼女はなぜ、物語のような手記を書いたのか?

読んだ人たちの熱い感想をツイッターで見なければ、一生読まなかったであろう物語です(外国文学は基本的に読まないため)。

すごい。自分の語彙力のなさに呆然としますが、本当にすごかった。読み始めて5時間、ノンストップでした。

二つの手記で構成される物語は、第二次大戦中のイギリスとフランスが舞台。いきなりナチの尋問から始まるのでビビりますが、読み終えると二人の若い女性の青春物語でもあるのだ、と気づきます。

二人とも、自分の好きなことを追いかけ、気づくと戦争の真っ只中におかれることになり・・・。しかし、彼女たちはそれを嘆くでもなく、自分の夢を追い求めます。そして・・・。

第一部の手記を読んでいるときに感じた違和感は、第二部を読み進めるにつれて、徐々に解き明かされます。なぜ、彼女はあんな手記を書いたのか? それがわかる頃には、彼女たちは過酷な運命の中にいるのですが。

悲惨な・・・と言ってもいいような物語なのですが、彼女たちのなんと生き生きしていることか! 戦時下であっても、人は生きているのだと、そんなあたりまえのことに感動すら覚えました。

そして、私が何より心惹かれたのは、これが「手記」であったことです。書くこと。気も狂わんばかりの状況であっても、書くことで自分自身を保てるという、「書くこと」のもつ力。また、それは誰かに「読まれる」ことを前提にしている。・・・「書かれたもののもつ力」を、これだけ信じて書かれた物語が、おもしろくないはずがないのです。

とにかく読んでみて、と、いろんな人にすすめて歩きたいくらい、夢中になった物語でした。

2017年9月 9日 (土)

ある奴隷少女に起こった出来事

2632「ある奴隷少女に起こった出来事」 ハリエット・アン・ジェイコブズ   新潮文庫   ★★★★

アメリカの南部の町に奴隷の娘として生れたリンダは、フリント医師の家で働かされる。やがて年頃になったリンダに、フリントは卑猥な言葉を浴びせるように。自分の身を守るため、自由を得るため、リンダがした決断とは・・・。

奴隷だったハリエット・アン・ジェイコブズが発表した実話。フィクションと思われ忘れ去られていたこの文章は、発表から100年以上経って、実話であると証明され、アメリカでベストセラーに。

なんというか・・・想像を絶する世界でした。

奴隷制というのが、ここまで人間を堕落させ、残虐にさせるものだということに、愕然としました。リンダにつきまとったフリント医師はきわめて卑劣で陰湿な男ですが、彼だけでなく、いわゆる白人の人々の奴隷に対する態度がもう・・・。相手を人間として認めない。そのことに何の違和感も覚えないという社会が信じられませんでした。差別は、人間にとって決して良いことではないというのが、これを読むとよくわかります。

リンダは最終的には、二人の子どもと共に自由を得るのですが・・・そこに至るまでの過程は、本当にこれが事実なのか?と疑いたくなるようなことの連続です(それもまた、これが実話とみなされなかった理由の一つでもあるようです)。人が人として生きるという、当たり前のことを得るために、彼女はそれだけの苦難を乗り越えなければならなかった。その事実が、何より重いです。

思ったのは、これは果たして「過去の物語」なのだろうか?ということ。「分断」という言葉を、「差別」という言葉を、私たちは今、この耳で聞いているではないか。人として決してしてはならないことを、私たちは繰り返してしまっているのではないか。

また、「訳者あとがき」では、堀越ゆきさんが、なぜこの本を訳そうと思ったのか、その動機が記されています。今、日本で生きる少女たちが置かれている閉塞的な現状。それもまた、私たちが自覚せねばならないことなのだと思うのです。

2017年7月25日 (火)

彼女たちはみな、若くして死んだ

2610「彼女たちはみな、若くして死んだ」 チャールズ・ボズウェル   創元推理文庫   ★★★★

若い女性が犠牲となった10の犯罪。なぜ彼女たちは殺されなければならなかったのか。犯人は、誰か。事件を解き明かす刑事たちの捜査からその結末までを描いた犯罪ノンフィクション。

1949年に発表された本が、今回初めて日本語訳されて出版。ミステリー界に変革をもたらした一冊。・・・と聞けば、読んでみたくなります。

犯罪ノンフィクションといえばそれまでですが、筆者は感情を煽るような言葉を一切使わず、わかった事実を淡々と記しています。それが、下手なミステリを読むより、ずっとおもしろいのです。

被害者、加害者、遺族、捜査員・・・事件に関わったあらゆる人々のドラマが、浮かび上がってくる感じ。この本にインスパイアされて生れたミステリがあるというのも、頷けます。

「ボルジアの花嫁」「ランベスの毒殺魔」「死の部屋」「殺人の契機」「青髭との駆け落ち」「サラ・ブリマー事件」「死のタンゴ」「6か9か」「彼女が生きているかぎり」「絞殺された女」の10編。

2017年7月16日 (日)

そして誰もいなくなった

2606「そして誰もいなくなった」 アガサ・クリスティー   ハヤカワ文庫   ★★★★

兵隊島に集められた十人の男女。初日の夕食後、それぞれの犯した罪を告発する声が。そして、一人、また一人と、童謡の歌詞の通りに、人が殺されていき・・・。

久しぶりに再読しました。今年、テレビドラマにもなりましたし、犯人もわかっているのですが、まったく退屈しませんでした。

裁かれぬ罪を犯した十人が殺されていく過程の緊迫感。徐々に人が減っていき、お互いへの疑惑が最高潮に達して・・・。初めて読んだときは、「そして誰もいなくなった」最後の場面が、ものすごい衝撃的だったのですが、今回はそこに至るまでの「犯人」の巧妙な仕掛けを堪能しました。

ストーリーテラーとしてのクリスティの才能を、あらためて実感しました。

読んでいるあいだ、ずっとひどい雨が降っていて、「嵐の島」の気分をちょっとだけ味わいました。

2017年3月13日 (月)

葬儀を終えて

2548「葬儀を終えて」 アガサ・クリスティー   ハヤカワ文庫   ★★★★

「だって、リチャードは殺されたんでしょう?」・・・リチャード・アバネシーの葬儀を終えた後、末妹のコーラが放った一言。そして、翌日、コーラは死体となって発見された。ポアロが見出した真実とは。

名作との評価が高いということで、おおいに期待して読みました。そして、期待は全く裏切られませんでした。

クリスティの構成・描写の巧みさにうならされました。うーん、すごい。見事にしてやられました。そういうことか・・・。読み終えると、すべて納得できるのです。

最初は登場人物の人間関係が頭に入ってこず、冒頭の家系図を何度も見ながらでしたが、前半はエントウイッスル弁護士がうまく人物紹介をしてくれて、ポアロが登場する中盤以降はするすると物語の中に入っていけました。

リチャードは本当に殺されたのか? コーラを殺したのは誰なのか? 次々続く「事件」の犯人は? ・・・すべてがわかったときには、ちょっと鳥肌がたちました。

今まで読んだポアロものの中でも、一、二を争うおもしろさでした。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

「あ」行の作家 | 「か」行の作家 | 「さ」行の作家 | 「た」行の作家 | 「な」行の作家 | 「は」行の作家 | 「ま」行の作家 | 「や」行の作家 | 「ら」行の作家 | 「わ」行の作家 | あさのあつこ | いしいしんじ | こうの史代 | さだまさし | その他 | たつみや章 | よしもとばなな | アンソロジー | 万城目学 | 三上亜希子 | 三上延 | 三島由紀夫 | 三木笙子 | 三浦しをん | 三浦哲郎 | 三谷幸喜 | 上橋菜穂子 | 中山七里 | 中島京子 | 中田永一 | 中野京子 | 乃南アサ | 乙一 | 井上ひさし | 京極夏彦 | 伊坂幸太郎 | 伊藤計劃 | 伊集院静 | 佐藤多佳子 | 佐藤賢一 | 俵万智 | 倉知淳 | 光原百合 | 冲方丁 | 初野晴 | 加納朋子 | 加門七海 | 北大路公子 | 北山猛邦 | 北村薫 | 北森鴻 | 原田マハ | 司馬遼太郎 | 吉村昭 | 吉田修一 | 向田邦子 | 坂木司 | 夏川草介 | 夏目漱石 | 大倉崇裕 | 大崎梢 | 太宰治 | 奥泉光 | 宇江佐真理 | 宮下奈都 | 宮尾登美子 | 宮部みゆき | 小川洋子 | 小路幸也 | 小野不由美 | 山崎豊子 | 山本周五郎 | 山白朝子 | 岡本綺堂 | 島本理生 | 川上弘美 | 平岩弓枝 | 彩瀬まる | 恩田陸 | 愛川晶 | 戸板康二 | 日明恩 | 日記・コラム・つぶやき | 有川浩 | 朝井まかて | 朝井リョウ | 木内昇 | 朱川湊人 | 杉浦日向子 | 村山由佳 | 東川篤哉 | 東野圭吾 | 松本清張 | 柏葉幸子 | 柚木麻子 | 柳広司 | 柴田よしき | 栗田有起 | 桜庭一樹 | 梨木香歩 | 梯久美子 | 森博嗣 | 森絵都 | 森見登美彦 | 森谷明子 | 横山秀夫 | 橋本治 | 氷室冴子 | 永井路子 | 永田和宏 | 江國香織 | 池波正太郎 | 津原泰水 | 浅田次郎 | 海堂尊 | 海外の作家 | 湊かなえ | 漫画 | 瀬尾まいこ | 田中啓文 | 田丸公美子 | 畠中恵 | 石田衣良 | 福井晴敏 | 笹尾陽子 | 米原万里 | 米澤穂信 | 芥川龍之介 | 若竹七海 | 茅田砂胡 | 茨木のり子 | 荻原規子 | 菅野彰 | 菅野雪虫 | 藤沢周平 | 藤谷治 | 西條奈加 | 西澤保彦 | 角田光代 | 誉田哲也 | 辺見庸 | 辻村深月 | 近藤史恵 | 酒井順子 | 重松清 | 金城一紀 | 須賀しのぶ | 高城高 | 高橋克彦 | 髙田郁 | 鷺沢萠

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー