朝井まかて

2017年7月13日 (木)

落陽

2605「落陽」 朝井まかて   祥伝社   ★★★★

明治天皇崩御。その直後、東京に神宮をという動きが急速に起こった。完成まで百五十年。人々は、何を思って神宮創建に挑んだのか・・・。

明治天皇の人生に、ずっと興味がありました。明治維新を境に、あまりにも激変したその境遇を、どのように受け止めたのだろうか、と。神格化された「天皇」は、どんな人間だったのだろうか、と。

この物語は、明治神宮創建の物語でもあり、同時に明治天皇という一人の人間の姿を追う物語でもあります。

明治神宮がこういう経緯で創られたものだということを初めて知りました。しかも、「神宮の杜」が人工のものだったなんて(もともとあった森を切り開いたものとばかり思っていました。たしかに、東京のあんな場所にあんな杜があるわけないですね)。国民からの献木十万本。勤労奉仕のべ十一万人。人々を突き動かし、百五十年の壮大な計画を実現させたものは何だったのか。

それを突き詰めていくと、見えてきたのは明治天皇という人物でした。明治という時代を支え続けた、一人の人間。その生き様が、当時の人々には感銘を与えずにはいられなかったのでしょう。

いつか、朝井まかてさんの筆で、かの人の一生を描き出してほしいと思います。

2017年4月 5日 (水)

2554「眩」 朝井まかて   新潮社   ★★★★

葛飾北斎の娘にして、絵師の応為ことお栄は、女だてらにと言われつつ、絵筆をとり続けてきた。父であり、師である北斎のもとで、絵師として生きたお栄がたどりついた境地とは。

題名は「眩」と書いて「くらら」と読みます。

お栄の存在を初めて知ったのは、杉浦日向子「百日紅」で、北斎にはなんとおもしろい娘がいたんだろう、と。いつかお栄を主人公にした小説を読みたいものだと思っていたら、朝井さんがやってくれました。

幼い頃から絵を描き始め、女らしいことは一切できないお栄。母が心配して無理やり縁談をまとめたものの、絵師の夫とはうまくいかず、家を飛び出してしまう。その後は、父・北斎のもとで、ひたすら絵を描き続けた人生。その中には、英泉こと善次郎との恋もあり、甥の時太郎との確執もあり、思うにまかせないこともたくさん。それでも、お栄の芯は、絵であり、伸吟しながらも描き続けるのです。

北斎の死後のお栄の生き様のあっぱれなこと。最近では「江戸のレンブラント」の異名をもつそうですが、表紙絵の「吉原格子先之図」を描いたのは、五十もすぎてから。北斎ともまた違う、応為独特の光と影の使い方が印象的な絵は、ひたすら画業に打ち込んだ人生ゆえに到達した一つの境地なのかもしれません。

2015年1月25日 (日)

阿蘭陀西鶴

2224「阿蘭陀西鶴」 朝井まかて   講談社   ★★★★

歴史に残る著作の数々を遺した井原西鶴。彼はどんな人物だったのか。娘・おあいの目を通して描く、人間・井原西鶴。

直木賞受賞第1作。

帯のコピーには、こういう著者の言葉があります。

「日本初のベストセラー作家にして娯楽小説の祖・井原西鶴。娘との日々の暮らしから、謎に包まれたその人生に迫りたいと思いました。」

たしかに、西鶴とはどういう人なのか、全然知らないです。知識としてその作品のタイトルくらいは知っていても、読んだことないし。

盲目の娘・おあいを通して描かれる西鶴の物語は、その妻の死から始まります。談林派の俳諧師としての活躍。「好色一代男」をはじめとする草紙ものの執筆。何より破天荒で、常に異端児であり続け、それでいて人たらしな、なんとも「はた迷惑」な男の姿がつづられていきます。西鶴に反発するおあいの存在が効いていて、西鶴の放埓さと、その陰の隠された思いとが、印象的に描かれています。

なぜ芭蕉に異様なまでの対抗心を燃やしたのか、なぜ俳諧から戯作へと転じたのか、いったい何を描きたかったのか・・・不器用な男の生き様が、なんとも言えない余韻をもって胸にせまってきました。

2014年12月23日 (火)

ぬけまいる

2208「ぬけまいる」 朝井まかて   講談社文庫   ★★★★

「馬喰町の猪鹿蝶」と名を馳せた、お以乃、お志花、お蝶も今や三十路目前。幼なじみの三人が、ひょんなことから「抜け参り」に出ることに。お伊勢様を目指す三人の珍道中やいかに。

「恋歌」とは全く趣の異なる、ユーモアたっぷりの道中ものでした。

それぞれに鬱屈を抱えた三人が、いろんな出来事に巻き込まれつつ、それらを力づくで(?)解決しながら旅をしていく、なかなか痛快な物語。

小間物屋の女主・お蝶は、べっぴんで目端が利くけれど、常にトラブルメイカー。旗本の奥方になったお志花は、いちばんのしっかり者だけれど、何やら思いつめた様子で。そして、唯一の独り者・一善飯屋の娘お以乃には、旅の途中でロマンスも・・・。

旅の中で出会う人たちとも、ドラマがあったり、丁々発止のやりとりがあったり、とにかく飽きることなく、一気読みでした。

三人とも、旅から帰っても、したたかに生きていくんだろうなあ。

2014年5月25日 (日)

恋歌

2129「恋歌」 朝井まかて   講談社   ★★★★★

江戸の旅籠・池田屋の一人娘である登世は、水戸藩の若侍に激しい恋をし、その情熱のまま、水戸藩に嫁ぐ。しかし、幕末の水戸藩は天狗党と諸生党に二分し、内紛が絶えない状態が続いていた。登世の夫・林以徳もまた、天狗党の一員であった。水戸藩の動乱は、登世の人生をも否応なしに揺り動かして・・・。

第150回直木賞受賞作。ずっと気になっていた一冊です。

天狗党の乱の顛末を知っていれば、ハッピーエンドはありえないとわかっていましたが・・・。あらためて水戸藩の混乱を知ってみると、その凄惨さに言葉を失いました。

その中で登世が生き抜いたのは、いつか夫に会いたい一念に支えられて。武家の出ではなかったのことが、「生き延びる」選択を自然にしていたから。登世の野放図にも思える性質は、同時に生きる力でもあったのでしょう。

のちに女流歌人・中島歌子として名を成した登世の手記を、弟子の花圃と澄が偶然読んでしまう・・・という構成。こんな必要があるのか、登世を主人公にシンプルな物語にした方がよかったんじゃないの?と思いながら読んでいましたが・・・いや、ちゃんと意味がありました。登世の遺言の「鎮魂」という言葉に、思わず涙してしまいました。

なぜ、登世が歌を学ぼうとしたのか、その理由もせつなかったです。

戦というものが、人に何をもたらしてしまうのかということも、考えさせられます。憎しみの連鎖を断ち切るのは、簡単なことではないのです。

その他のカテゴリー

「あ」行の作家 | 「か」行の作家 | 「さ」行の作家 | 「た」行の作家 | 「な」行の作家 | 「は」行の作家 | 「ま」行の作家 | 「や」行の作家 | 「ら」行の作家 | 「わ」行の作家 | あさのあつこ | いしいしんじ | こうの史代 | さだまさし | その他 | たつみや章 | よしもとばなな | アンソロジー | 万城目学 | 三上亜希子 | 三上延 | 三島由紀夫 | 三木笙子 | 三浦しをん | 三浦哲郎 | 三谷幸喜 | 上橋菜穂子 | 中山七里 | 中島京子 | 中田永一 | 中野京子 | 乃南アサ | 乙一 | 井上ひさし | 京極夏彦 | 伊坂幸太郎 | 伊藤計劃 | 伊集院静 | 佐藤多佳子 | 佐藤賢一 | 俵万智 | 倉知淳 | 光原百合 | 冲方丁 | 初野晴 | 加納朋子 | 加門七海 | 北大路公子 | 北山猛邦 | 北村薫 | 北森鴻 | 原田マハ | 司馬遼太郎 | 吉村昭 | 吉田修一 | 向田邦子 | 坂木司 | 夏川草介 | 夏目漱石 | 大倉崇裕 | 大崎梢 | 太宰治 | 奥泉光 | 宇江佐真理 | 宮下奈都 | 宮尾登美子 | 宮部みゆき | 小川洋子 | 小路幸也 | 小野不由美 | 山崎豊子 | 山本周五郎 | 山白朝子 | 岡本綺堂 | 島本理生 | 川上弘美 | 平岩弓枝 | 彩瀬まる | 恩田陸 | 愛川晶 | 戸板康二 | 日明恩 | 日記・コラム・つぶやき | 有川浩 | 朝井まかて | 朝井リョウ | 木内昇 | 朱川湊人 | 杉浦日向子 | 村山由佳 | 東川篤哉 | 東野圭吾 | 松本清張 | 柏葉幸子 | 柳広司 | 柴田よしき | 栗田有起 | 桜庭一樹 | 梨木香歩 | 梯久美子 | 森博嗣 | 森絵都 | 森見登美彦 | 森谷明子 | 横山秀夫 | 橋本治 | 氷室冴子 | 永井路子 | 永田和宏 | 江國香織 | 池波正太郎 | 津原泰水 | 浅田次郎 | 海堂尊 | 海外の作家 | 湊かなえ | 漫画 | 瀬尾まいこ | 田中啓文 | 田丸公美子 | 畠中恵 | 石田衣良 | 福井晴敏 | 笹尾陽子 | 米原万里 | 米澤穂信 | 芥川龍之介 | 若竹七海 | 茅田砂胡 | 茨木のり子 | 荻原規子 | 菅野彰 | 菅野雪虫 | 藤沢周平 | 藤谷治 | 西條奈加 | 西澤保彦 | 角田光代 | 誉田哲也 | 辺見庸 | 辻村深月 | 近藤史恵 | 酒井順子 | 重松清 | 金城一紀 | 須賀しのぶ | 高城高 | 高橋克彦 | 髙田郁 | 鷺沢萠

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー