澤田瞳子

2020年7月 2日 (木)

駆け入りの寺

3058「駆け入りの寺」  澤田瞳子      文藝春秋      ★★★★

比叡山の麓にある林丘寺は、比丘尼御所。つまり、出家した皇女が住持をつとめる尼門跡の一つ。現在の住持は二十一歳の元秀(霊元上皇皇女)。先の住持・元瑶は後水尾上皇の皇女で、すでに高齢。赤子の頃に両親を失い、林丘寺に引き取られた静馬は、今は青侍として寺で働いている。元瑶を慕い、育ててもらった恩を返すべく勤めに励む静馬だが、寺には訳ありの人々が逃げ込んできて…。


「駆け入りの寺」「不釣狐」「春告げの筆」「朔日氷」「ひとつ足」「三栗」「五葉の開く」の七話から成る連作。

いきなり御所言葉が飛び出してビビり、さらに「後水尾天皇? 霊元?  いつだっけ…??」となり、あわててその辺を調べたり。いやはや。澤田さん、守備範囲広すぎ(苦笑)

尼門跡って、漠然とした知識しかなかったので、読みながら「そういうものだったのか~」の連続でした。

それはともかく。主人公は、静馬という青年。生い立ちが複雑で、影を背負っているところがあるのですが、寺に関わる人々の人生に触れることで、静馬自身の世界も少しずつ変容していく。そんな物語。

幼い頃に「逃げた」ことを後悔している静馬は、寺に逃げてくる人々に厳しい目を向けます。それでも、生きていくために「逃げる」という手段が時には必要だと、静馬も納得していくのです。

元瑶尼の包容力に救われる思いがしますが、彼女もまた懊悩を抱えて生きてきたとわかる最終話では、思わず涙が…。そして、安易な大団円ではなく、それでも希望を感じさせる幕切れも、とても好きでした。




2020年4月22日 (水)

日輪の賦

3026「日輪の賦」  澤田瞳子      幻冬舎時代小説文庫      ★★★★

京の大舎人になるために紀伊国から出てきた青年・廣手は、盗賊に襲われたところを、男装の美女・忍裳に救われる。忍裳が讃良大王の腹心の部下で、兄・八束の恋人と知った廣手は驚く。八束は不慮の事故で亡くなったのだが、宮城で働き始めた廣手は、兄の死に不審を抱く。


京に出てきた青年・廣手を中心に、讃良大王(持統天皇)による国づくりを描いた壮大な物語。特に、大宝律令成立の過程がメイン。

中央集権国家とは何か、法治国家とは何か、官僚の役割とは何か。讃良や葛野王(壬申の乱で破れた大友皇子の子)、藤原不比等、律令作成に関わった学者たち、それを担っていく廣手たち若い世代…と、複合的に描くことで、どれだけの苦難を経て国の礎ができたのか、現在の世につながる源流がどのように生まれたのかを、伝えています。

印象的なのは、讃良の人物像と、歴史に名を残さぬ人々の存在です。

里中満智子「天上の虹」は、讃良を主人公にした名作ですが、「日輪の賦」ではさらにスケールアップした讃良が登場します。父・天智、夫・天武の目指した国づくりと、それが道半ばに終わった理由を把握し、自分の代で成し遂げようとする讃良。そのために人並みの穏やかな暮らしは擲ってしまう。誰一人として彼女が見ている「新しい国」の姿を理解できない孤独。しかし、讃良はあえて孤独を背負って、新しい世の扉を開こうとします。その凄みにただただ圧倒されました。

一方、廣手をはじめとした歴史に名を残さぬ人々が、実は歴史を手作りしてきたのだ…という事実。彼らがそれぞれの立場で律令と関わり、自らの役割を自覚し、最善を尽くそうとする。その中で、皇族や豪族には理解できない「新しい国」の姿を正確に捉えていく過程は、なんだか感動しました。これこそが、国づくりだ!と。

また、滅亡した百済から逃れてきた高医師の話も忘れられません。国が滅びるとはどういうことか。百済滅亡の情景は、太平洋戦争末期の日本のようでした…。

国とは何か。法とは何か。官僚は何のために存在するのか。今だからこそ、刺さりました。

2020年4月10日 (金)

稚児桜

3023「稚児桜」  澤田瞳子      淡交社      ★★★

能からインスパイアされた8編の物語。

「やま巡り(山姥)」「小狐の剣(小鍛冶)」「稚児桜(花月)」「鮎(国栖)」「猟師とその妻(善知鳥)」「大臣の娘(雲雀山)」「秋の扇(班女)」「照日の鏡(葵上)」

能には疎いので、あれをこんなふうに…というのはわからず。単純に物語として面白かったのは、「小狐の剣」「稚児桜」です。

それから、大海人皇子一行の吉野脱出を描いた「鮎」や、源氏物語の世界の「照日の鏡」も私の好みでした。



2020年1月26日 (日)

名残の花

2997「名残の花」  澤田瞳子      新潮社      ★★★★

天保の改革で辣腕を奮うも、その後長期間幽閉された鳥居耀蔵(胖庵)。明治の世になり、東京と名を変えた江戸の町に戻った胖庵は、町と人のあまりの変貌ぶりに愕然とする。そして、ひょんなことから見習い能役者の豊太郎と知り合う。かつて能を弾圧した胖庵。為政者の庇護を失った能の世界で修行を続ける豊太郎。それぞれの思いが交錯する。


「名残の花」「鳥は古巣に」「しゃが父に似ず」「清経の妻」「うつろ舟」「当世実盛」の六編から成る連作短編集。

歴史上の勝者よりも敗者。権力者より庶民。最近、自分の興味関心の方向性ゆえか、この作品は非常に面白かったです。

かつて「妖怪」と呼ばれた鳥居胖庵は、天保の改革で奢侈を禁じ、能や歌舞伎の世界を苦しめた人間。その後失脚し、幽閉され、解き放たれたのちは、東京に戻り、隠居の身。胖庵と知り合った豊太郎は能役者の卵。幕府の庇護を失い、衰退する一方の能。困窮のあげく能を捨てる役者も多いなか、家業でもある能の世界に生きようとしている。

そんな「新しい世に置き去りにされた」かのような二人が、やはり時代の変化に翻弄される人々の事件に出会う物語。世の中が変わっても、変われない人たち。変えてはいけないもの。様々な形で描かれるそれらは、他人事ではなく。自分ならどう生きるのかを問われているようでした。一番やりきれなかった「うつろ舟」が出色でした。

「芸能とはそもそも、人の心を楽しませ、ひとときの夢を与えるものだ。いかに不謹慎であろうとも、それをお上が統制するなぞ、お門違いも甚だしい話であった。」(「しゃが父に似ず」より)

現代でもありますね、こういうの…。


2019年10月 3日 (木)

落花

2952「「落花」 澤田瞳子   中央公論新社   ★★★★

仁和寺の梵唄僧・寛朝は、「至誠の声」を求めて、東国に下った。一度だけ聞いたことのある声の持ち主・豊原是緒が常陸国国分寺にいるらしいと聞いたからだ。宇多天皇を祖父に、式部卿敦実親王を父にもつ寛朝だったが、幼い頃から父に疎まれ、僧籍に入っていた。梵唄僧として名を成したが、一向に己を認めようとしない父を見返そうとする寛朝は、東国で平将門と対面する。

 

寛朝って実在した人だったよねえ・・・と調べてみたら、ほんとにいました。本当に、将門の乱のときに、東国に下向してました。それは知らなかった・・・。

育ちのいい、世間知らずの僧が、東国の荒くれ者と接するというのは、当時としては外国に行くようなもの。大いにカルチャーショックを感じたでしょう。しかも、二人の見えているものが全く違う。けれど、少なからず将門の人柄に惹かれた寛朝は、将門の不利を悟りながらも、その最期を見届ける道を選びます。

寛朝を取り巻く人々・・・将門や、彼と対立する平貞盛、藤原秀郷、楽の心得のある傀儡女のあこやと如意、寛朝が教えを乞おうとする豊原是緒、寛朝の従者・千歳などなど・・・彼らとの関わりを通して、寛朝は混乱の果てにある境地に至ります。父に対する反発・屈託で凝り固まっていた寛朝がたどり着いたのは・・・というのが読みどころ。ただ、将門の人柄がちょっと一面的だった印象も。

それにしても、千歳がなんとも救いのないところに追い込まれてしまって、これ、どうやって決着つけるの?と思ったら、そうきましたか。思わず「おお!」と声が出てしまいました。

 

 

 

 

2019年9月 6日 (金)

泣くな道真

2943「泣くな道真」 澤田瞳子   集英社文庫   ★★★★

大宰府に左遷された菅原道真は、悲憤慷慨して泣くわわめくわ・・・。その大変な上司の世話役となった龍野保積。大宰府の役人である龍野家の婿である保積は、己の出世に見切りをつけ、今や「うたたね殿」とあだ名される始末。一方、京から大宰府へ流れてきた美貌の歌人・小野恬子も、ひょんなことから道真と関わることになり・・・。やがて、書画骨董の目利きに生きがいを見出す道真だったが、さらなる不幸が・・・。

 

副題は「大宰府の詩」。今年注目された大宰府ですが、私なんかは大宰府といえば、やっぱり「道真が左遷されたところ」と思ってしまうクチなわけで。

権力闘争に敗れ、左遷の憂き目をみた道真を、それを受け入れる側の大宰府のやる気なし役人・保積と、かつて宮廷に出仕し、美貌の歌人として鳴らしたものの、主の死によって義父と兄のいる大宰府へと流れてきた恬子の視点で描く物語。澤田瞳子さんの作品ってシリアスなものが多いのですが、こういうユーモアあふれる、軽いタッチのものも好きです。

もっとも、タッチは軽いけれど、当時の税制のしくみとか、律令政治の行き詰まりとか、そういうのが容赦なく物語の中に出てきて、そのへんはさすが澤田さん!と思ってしまうわけですが(笑) もちろん、大宰府がどのような政庁だったのか、役人たちの暮らしとか、さりげなく描かれているし、当時の庶民の暮らしの貧しさと京の貴族との格差とかも容赦なく・・・。

筋立てとしてはエンタメ作品らしい仕上がりになっていますが、澤田さんが惜しげもなく投入する当時のあれこれのリアルがたまらなくおもしろい歴史ものです。

 

 

 

 

 

 

2019年9月 1日 (日)

月人壮士

2941「月人壮士(つきひとおとこ)」 澤田瞳子   中央公論新社   ★★★★

文武天皇と藤原不比等の娘・宮子とのあいだに生まれた首皇子。のちに聖武天皇と呼ばれたその人が抱えていた激しいまでの孤独。崩御後に「ご遺詔」を探すよう橘諸兄に依頼された中臣継麻呂と僧・道鏡は、帝の意外な素顔を知ることになる。

 

「螺旋プロジェクト」作品。

今まで読んだ「シーソーモンスター」(伊坂幸太郎)、「死にがいを求めて生きているの」(朝井リョウ)は、山族と海族の対立がわかりやすい諍いとして描かれていましたが、この作品では山と海の対立は天皇家と藤原氏になぞらえています。決して相容れない二つの氏族。ところが、その間に生れ落ちた首皇子は、全き天皇となることを皆に要求される。己ではどうすることもできない血の宿命に苦悩した一人の人間が描かれます。

物語は首太上天皇の崩御から始まり、その後「ご遺詔」探しのために中臣継麻呂と道鏡が、さまざまな人から話を聞き歩く・・・という構成。登場するのは、依頼者である橘諸兄、首に仕えていた円方女王(まとかたのおおきみ)、首の妻・光明子、内道場禅師・賢璟(けんきょう)に仕える僧・栄訓、新田部親王を父にもつ塩焼王、造東大寺司長官・佐伯今毛人、そして藤原仲麻呂。彼らが語る首の生い立ちや、天皇としての言動から浮かび上がってくるものは・・・。

聖武天皇といえば、大仏を造らせた人。それから、やたらと遷都を繰り返した人。そういう認識でした。が、これを読んで愕然としたのは、「天皇が仏教に帰依する」ということへの強烈な違和感でした。今まで、そこをあまり深く考えたことはなく。神を祀る人が、仏教を尊び、自らを「三宝の奴」と称し、戒を授かる。これは異様なことであり、おそらく現代の我々が考える以上に、当時は非難されたのではないかと。そして、光明子との間の娘・阿倍が皇太子となり、のちの孝謙天皇となるわけですが、彼女は生涯独身で、子を生さなかったため、天武天皇以来の皇統はここで絶えてしまうわけで。その重さもまた、現代人にはよくわかっていないことだったのでは。

天皇でありながら、皇族以外の血が流れていることに苦悩した首の生涯は、まさに山と海の対立に引き裂かれたようなものでした。それを誰にも理解してもらえず、一人で抱え込んだ首。その生涯はあまりにも悲しく・・・。しかし、これは古代だけの話なのでしょうかね。

澤田瞳子さんの作品を読み続けているので、道鏡の晩年を描いた「秋萩の散る」や、東大寺造仏所を舞台にした「与楽の飯」などを思い出して、ちょっとニヤリとしました。

 

2019年4月 4日 (木)

秋萩の散る

2881「秋萩の散る」 澤田瞳子   徳間書店   ★★★★

 

孝謙女帝の没後、下野国に追いやられた道鏡。そこで出会った一人の老僧は、道鏡にある提案を。動揺する道鏡だったが、自らが置かれた境遇を思い、その提案に乗ろうとするが・・・。

 

道鏡を主人公にした表題作のほか、「凱風の島」「南海の桃李」「夏芒の庭」「梅一枝」の五編。道鏡のほかにも、吉備真備や、鑑真、阿倍仲麻呂など、教科書に登場するようなビッグネームも登場します。また、聖武太上天皇や孝謙天皇、藤原仲麻呂(恵美押勝)といった人物の名がたびたび登場します。

一番心に残ったのは、「夏芒の庭」です。大学寮で学ぶ若者たちの姿を描いたこの物語は、主人公の上信や雄依の純粋な心根に思わず涙してしまいました。いずれ官吏になるのが大学寮の学生たちの目標。とはいえ、学問の素養もあまりなく、家に居づらいために大学寮に飛び込んだ上信は講義についていけず。一方、日向から上京してきた雄依はとんでもなく成績優秀だけれど、全くまわりとなじもうとしない変わり者。まだ学生の身の彼らの周囲にも、濁世の余波が・・・。

まだ社会をしらないひよっこたちだけれど、それゆえにまっすぐで、それゆえに傷ついていたりして。それでも、理不尽な世の中をどうすればいいかを真剣に考える若者の集まりなのです。

「それは当然だろう。国が綺麗事だけで動かぬぐらい、俺だって承知だ。だが他ならぬ俺たちがそれを諦め、我欲に走っては、国は国として成り立たなくなる。官吏は天下の百姓(ひゃくせい)に成り代わり、国を動かす代弁者なのだ。」

上信のこの言葉に、泣けてきました。

混沌とした世の中を必死に生きていた人々を描いた物語でした。

2018年12月19日 (水)

龍華記

2836「龍華記」 澤田瞳子   KADOKAWA   ★★★★

悪左府・藤原頼長の末子・範長。興福寺の院主となるはずだった彼は、父の失脚とともにその座を追われ、今は興福寺の悪僧として薙刀を振るっていた。時は平氏が隆盛を極め、その専横を快く思わぬ南都の衆と一触即発の状態が続いていt。そんなおり、範長はある行き違いから、南都焼き討ちのきっかけをつくってしまう。

ここ何年か続いているマイブームのため、奈良を舞台にしたものに飛びついてしまうのですが、ましてやそれが澤田さんの書いたものなら! 今年のうちに読みたかった一冊、やっと読めました~。

南都焼き討ちというと、東大寺の大仏殿が焼け落ちたというイメージだったのですが、これは興福寺の話。どこまで史実なのか、不勉強にして知らないのですが・・・。頼長の息子が興福寺にいたのですね。本当に悪僧(僧兵)だったのかしら? 調べてみなきゃ・・・。

範長が主人公ですが、その従兄で興福寺の院主である信円、仏師の運慶などが登場します。信円はエリートで、範長とは全く相容れない価値観をもつ人間として描かれます。これがなかなかイライラさせてくれるのですが・・・。出家の身でありながら、のたうちまわる人間の姿として、彼がたどり着くラストもまた深く考えさせられるものがありました。

運慶は痛快なキャラですが、以前読んだ「満つる月の如し 仏師・定朝」の系譜につらなる人物で、キャラ的にもちょっと定朝と似ています。澤田さんの愛情を感じます。

南都焼き討ちという大事件を、あまり真剣に考えたことがなかったので、そこに直面した人々のことに初めて思い至った次第。ちょっと勉強したいと思います。興福寺の歴史も。

そういえば、興福寺の中金堂が再建された今年、こういう物語が世に出るのも感慨深いものがあります。

2018年11月 7日 (水)

満つる月の如し 仏師・定朝

2813 「満つる月の如し 仏師・定朝」 澤田瞳子   徳間書店   ★★★★

比叡山の学僧・隆範は、定朝という年若い仏師の作る仏像に心を奪われる。定朝を仏師として世に送り出す手助けをしようと決意した隆範は奔走するが、肝心の定朝は仏を彫ることになぜか消極的で・・・。

定朝の物語ではあるのですが、彼に魅入られ、その人生に深く関わる隆範が、もう一人の主人公。隆範は、藤原道長との政争に敗れた中関白家ゆかりの人物。それゆえ僧となったのですが、比叡山の座主・院源や、太皇太后・彰子の覚えめでたく、内供奉十禅師として朝廷にも仕えている。つまり、高貴な身分であるわけです。

そんな隆範が偶然出会った仏師・定朝は、天才的な腕をもった仏師。しかし、己が何のために仏を彫るのかわからず、苦悩しているありさま。隆範は定朝を仏師として世に認めさせようと、おとなしい彼には似合わぬ奔走をして、定朝は仏師としての地位と名誉を手に入れるが・・・。

当時の身分の違い、生まれ育ちの違いというのは、現代の私たちには想像できないような絶対的な壁だったわけで。それが結局は隆範と定朝の関係にも楔を打つことになるのですが・・・。さらに、彼らは政争の影に追われ、結局は隆範を思わぬ人生に落とし込むことになってしまいます。

父の専横に苦悩する太皇太后・彰子や、道長の血をひかぬゆえに皇太子の座を降りることになった敦明親王(三条帝の皇子)の煩悶、藤原伊周(かつての中宮・定子の兄)の子・道雅の不遇など、その時代のさまざまな人物の思いが絡みあい、そこに生まれた「地獄」に定朝が絡め取られることによって、定朝のめざす仏像が生み出されるという展開にはただ圧倒されました。

しかし、この時代のこともよくわからないことが多くて・・・。皇統も私の記憶ではぐちゃぐちゃなので、「歴代天皇総覧」(笠原英彦・中公新書)で確認しながら読みました(苦笑) 系図が欲しかったです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

「あ」行の作家 「か」行の作家 「さ」行の作家 「た」行の作家 「な」行の作家 「は」行の作家 「ま」行の作家 「や」行の作家 「ら」行の作家 「わ」行の作家 あさのあつこ いしいしんじ こうの史代 さだまさし その他 たつみや章 ほしおさなえ よしもとばなな アンソロジー 万城目学 三上亜希子 三上延 三島由紀夫 三木笙子 三浦しをん 三浦哲郎 三谷幸喜 上橋菜穂子 中山七里 中島京子 中田永一 中野京子 乃南アサ 乙一 井上ひさし 京極夏彦 伊坂幸太郎 伊藤計劃 伊集院静 佐藤多佳子 佐藤賢一 俵万智 倉知淳 光原百合 冲方丁 初野晴 加納朋子 加門七海 北大路公子 北山猛邦 北村薫 北杜夫 北森鴻 原田マハ 司馬遼太郎 吉村昭 吉田修一 向田邦子 坂木司 夏川草介 夏目漱石 大倉崇裕 大崎梢 太宰治 奥泉光 宇江佐真理 宮下奈都 宮尾登美子 宮部みゆき 小川洋子 小川糸 小路幸也 小野不由美 山崎豊子 山本周五郎 山白朝子 岡本綺堂 島本理生 川上弘美 平岩弓枝 彩瀬まる 恩田陸 愛川晶 戸板康二 日明恩 日記・コラム・つぶやき 有川浩 朝井まかて 朝井リョウ 木下昌輝 木内昇 朱川湊人 杉浦日向子 村山由佳 東川篤哉 東野圭吾 松本清張 柏葉幸子 柚木麻子 柳広司 柴田よしき 栗田有起 桜庭一樹 梨木香歩 梯久美子 森博嗣 森絵都 森見登美彦 森谷明子 横山秀夫 橋本治 氷室冴子 永井路子 永田和宏 江國香織 池波正太郎 津原泰水 津村記久子 浅田次郎 海堂尊 海外の作家 深緑野分 湊かなえ 漫画 澤村伊智 澤田瞳子 瀬尾まいこ 田中啓文 田丸公美子 畠中恵 石田衣良 磯田道史 福井晴敏 笹尾陽子 米原万里 米澤穂信 芥川龍之介 若竹七海 茅田砂胡 茨木のり子 荻原規子 菅野彰 菅野雪虫 藤沢周平 藤谷治 西條奈加 西澤保彦 角田光代 誉田哲也 辺見庸 辻村深月 近藤史恵 酒井順子 重松清 金城一紀 門井慶喜 阿部智里 青崎有吾 須賀しのぶ 額賀澪 高城高 高橋克彦 髙田郁 鷺沢萠

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー